製品特長
 
ヘッドケースは締込みタイプに
マイクロホンのヘッドケースは六角レンチを使って締込み固定することができます。これで利用者がイタズラや興味本位でヘッドケースをはずしてしまうのを未然にふせぐことができ、故障の大幅な低下につながります。
金メッキが充電時の不具合を解消
下部先端に内蔵されている赤外線発信ユニットの底面にある充電器との接点部分に金メッキを使用し、酸化および接触抵抗を低減。充電における不具合を極力解 消しました。
パワー切り換えスイッチで
パワフルモードにも
ボディの内側には、使用環境に合わせて赤外線の出力を切り換えることができる出力切換スイッチがついています。赤外線の飛距離をHiポジションでは約16m、Lポジションでは約12mまでカバー。より省エネに特化したEcoポジションでは約10m、連続で約10.5時間使用することができます。(専用ニッケル水素充電池使用時)
ダブルコネクターで音切れを一掃
CLM701シリーズではマイクユニットと本体を接続するコネクターがダブルになっています。マイクロホンを落としたり経年変化で接点が酸化しても接触不良が 起こりにくく、音切れの心配をほぼ一掃しました。
CLM900 SERIESのマイクロホンAT-CLM900T・AT-CLM990Tで代用が可能です。
通常の赤外線コードレスマイクロホンはレシーバーのチャンネルに合わせて使用する周波数が固定されているため、2本のマイクロホンのどちらかが故障した場合にはA・B 2つのチャンネルの片方しか使えないということになりがちでした。
AT-CLM900T(2MHz帯)とAT-CLM990T(3MHz帯)は、それぞれの周波数帯域でのA・Bチャンネルの切り換えができますので、故障したマイクロホンの代わりにお使いいただくことも可能です。
 

 
CLM701 SERIES