CONTENTS マイクの達人 マイクA to Z マイク使いこなし講座 MIC NAVI TOP

昨今のライブハウスでのリハーサルを見ていると、私自身も含め、モニターや自分の出音(PAを通した客席での音)のバランスばかりを気にしてPAにいろいろ注文を付ける輩が多い。
そもそもPAとは何者なのか?単なるケーブル捌きの達人なのか?
そんな疑問を払拭すべく、キャリア20年、ツアー経験も豊富なPAさんに直撃。 基本的なPAのセッティングの仕方、学園祭や路上ライブにも役立つ情報を聞いてきた。
これ読んだらもうPAさんには頭あがりません。

「ギターのモニターにベースとドラムをもっとくださ〜い」
「あ、ドラムのモニター、ギターを下げてもらえますぅ〜?」
ライブ前のリハで良く見られる光景である。何を隠そう私もこんなセリフ良くいっていた。「こだわってんだぞ」っていう所を見せたくてね・・・
確かにステージ上で気持ちよく演奏するためには必要なことかもしれない。でも、モニターなしでも気持ちよく演奏している場所があるっしょ?そう!スタジオです!!
普段スタジオでやってるのと同じことをライブハウスで再現する。当たり前のようだが、結構できてないバンドが多いらしい。
ここが今回のキモ。
スタジオ練習時のバランスが再現できていれば、モニターは必要ないし、客席でもバランスの取れた音が聴ける。何より演奏してて気持ちいい。バンドのパフォーマンスも上がること間違いなし。いいことだらけでしょ。
「ステージ上だとドラムもアンプも前向いてるから聞こえにくいじゃん。」という声も聞こえてきそうだけど、そんな時はアンプの向きを変えたりして離れたパートにも聞こえるようにしてあげればよいのだ。 大切なのは普段から全体のバランスに気を使っておくこと。そうすれば自然とバンドのまとまりも出てくるはず。
しかし、ある程度ステージや客席が広くなればアンプだけではバランスが取りにくくなってくる。それを補ってくれるのがPAさんなのだ。

GEQ(グラフィックイコライザー)でPAスピーカーを通して出てくるトータルの音質を決める。自分の声やCDをかけて調整するのが一般的。
ここでのポイントはGEQの使いかた。GEQは欲しい帯域を上げるのではなく、いらない帯域を下げることで音を作っていく。これはGEQ全般の操作にも言えること。
CDはPAさんによって違うようだが、スティーリーダンを使う人が多いと聞いたことがある。でもまあ、それをまねする必要もないと思うし、自分が普段聞き慣れているCDをかけて気持ちよい音を作ることを心がければいいと思う。
同時にスピーカーのセッティングも行なおう。スピーカの指向性や、会場の形によってセッティングは変わってくるので一概には言えないが、客席全てをカバーできるようにセッティングしよう。(右図参照)
PAチューニングを正確に行なうためにもチューニングの前に大まかなセッティングを済ませておき、その後、最終的な調整をしよう。
次にモニターのチューニング。ここではマイクロホンを通した声がフラットに、生声に近くなるようにGEQを調整する。 また、マイクを握ったり、モニターに近づけてハウリングが起こりやすい状況を作り、ハウリングポイント(ハウリングしている帯域)をGEQでカットしておくといい。
※ハウリング マイクロホンを通してスピーカーから出た音をマイクがさらに拾うというループ現象が起こり、増幅された音がさらに増幅され、結果、「キィーーーーーーー!!」と甲高い音が鳴り響く。
ここからバンドのメンバーが加わってchごとのチェックをする。 大事なのはインプットレベルの設定。ピークを超えないようにゲイン(インプットTRIM)の位置を決めよう。演奏者側でエフェクターを使用する場合は、全ての音色を鳴らしてインプットレベルを設定する必要があるが、エフェクター側で音量の設定がきちんとされていることが大前提である。

ドラム、ベース、と下ものからチェックをしていくが、プロのPAのなかには「ドラムが決まれば、今日は勝ち!」というくらい、ドラム、特にバスドラには気を使うらしい。バスドラ、スネア、ハットとチェックをしていき、その基本3点でバランスを取って、その後タム等を足しながらドラム全体でバランスを取る。また、ドラムやアンプなどマイクで音を拾うものはGEQをなるべくいじらずにマイクの向きや距離を調節して、生音に近づけていく。詳しくはマイクセッティング編を見るべし。

ボーカルも基本的にはGEQはいじらない方がよい。演奏にうもれてしまう声質や、癖のあるマイクロホンの持ちかたや歌いかたをする場合でも最低限のGEQで止めておこう。
コア系やヒップホップ系みたいにマイクのヘッドを握ったりするスタイルの場合はハウリングを引き起こす可能性が高いが、対策としてEQで1.25〜2.5kHz辺りを下げてやるとよい。
バンド全体で演奏してバランスを調整する。
ミキサーで音量バランスを調整するときは、音が小さいchがあったら周りを下げるくせをつけよう。レベルフェーダーをひとつひとつ上げながら調整すると、音がてんこ盛りになり収集がつかなくなる場合があるからだ。
モニターチェックもリハーサル中に行なうが、冒頭でも述べたとおり、モニターはあくまでも「バンドがステージ上で作ったバランス」の補足として使うのが原則。

屋内の場合、出音は壁に当たってステージに戻ってくる。ステージ上のバンドは当然それも聞きながらバランスを取るわけだ。しかし本番ではお客さんが吸音材となって、反射音が減り、ステージ上でのバランスが崩れてしまう場合がある。そこで出音を切ってみると、反射音がなくなり、それに近い状況が再現できる。ここで改めて生音のバランスと音質を調整しよう。

これであとは本番を待つばかり。しかしその前にバンド毎のPA(各チャンネルのEQやモニターのバランス)やアンプのセッティングを記録しておこう。リハの意味無くなっちゃうからね。また、マイクロホンの位置も重要なので、マイクセッティングのポイントが変わってしまわないように、担当を決めてひとりの人が行なった方が賢明だろう。
・体育館のように反響が多い場所
一概には言えないが、プロはPAチューニングの時に反響している周波数域を察知し、このハウリングポイントをGEQで調整することで、反響を押さえている。しかしこれは経験を積んでできること、リバーブ系のエフェクトを控えめにすることを心がけよう。

・野外
心も体も開放的になるのか、反響が全くないせいもありついついレベルを上げて、音のてんこ盛りになることが多いようだ。ここは心を鬼にして、フェーダーを下げましょう。近隣の人にも迷惑をかけないようにね。
HOME TOP COPYRIGHT