audio-technica

MC型(デュアルムービングコイル)ステレオカートリッジ
AT-ART2000  (税抜 ¥55,000.) 限定生産
生産完了


西暦2000年記念モデル


PCOCC:Pure Copper by Ohno Continuous Casting process
(単結晶状高純度無酸素銅) 6N=99.99996%
長年の技術を結集した20世紀の音の集大成。
“アナログの個性”を見つめ直した 充実のモデル。


コイルを固定するVCモールドに高強度、高音質を実現するチタン酸カリウム混合樹脂を採用。
金蒸着ボロンムク・テーパード・カンチレバーで中低域を忠実にトレース。奥深い臨場感を演出。
PCOCC6Nをコイルに、PCOCCをターミナルピンに採用して、クリーン伝送。
強磁力マグネットを採用。メリハリのある高音質。
低歪率なマイクロリニア針で約1,000時間も高安定再生。
ベース部とハウジング内部に音質に有利な防振ゴム「ハネナイト」を採用。
シェル取り付け用ビスも真ちゅう製の音質重視仕様。
吸湿・吸水性が少なく、恒湿性の高い桐箱でベストコンディションをキープ。

世界中の多くのアナログファンに愛され続けてきたオーディオテクニカのカートリッジ。
西暦2000年という節目に当たりその集大成を実現しようと企画/設計されたこのモデルは、当社において音質優先思想を意味する「ART」(Audio-technica Reference Transducer)を冠し「 ART2000 」と名づけられました。
このモデルは当社が今まで追い求めて来た「デジタルに負けない先進的な音とアナログ的音質の絶妙なバランス/先端技術をふんだんに盛り込んだ可能な限りの高性能特性」を最大限に生かしたうえで、「音質最優先主義/アナログでしか得られない個性」をよりクローズアップ。
現在のアナログユーザーが期待する「アナログの個性」というものを再度見つめ直して作りこまれています。アナログ独特の奥深い音を大切に再現するための技術とノウハウがふんだんに盛り込まれた
このモデルは、アナログファンの皆様に充分ご満足いただけるものと確信しております。

テクニカルデータ
型式:MC(デュアルムービングコイル)型
再生周波数範囲:10〜50,000Hz
出力電圧:0.4mV(1kHz、5cm/sec.)
チャンネル・セパレーション:30dB(1kHz)
出力バランス:1dB(1kHz)
針圧:1.6〜2.0g(1.8g標準)
コイル・インピーダンス:12Ω(1kHz)
直流抵抗:12Ω
負荷抵抗:ヘッドアンプ:100Ω以上
 トランス:20Ω以上
コイル・インダクタンス:50μH(1kHz)
スタチック・コンプライアンス
 :35×10−6cm/dyne
ダイナミック・コンプライアンス
 :9×10−6cm/dyne(100Hz)
針先形状::0.1角ML(マイクロリニア)針、
 ムクダイア
垂直トラッキング角:23°
外形寸法:H17.3×W16.8×D25.7mm
質量:8.0g
(改良などのため予告なく変更することがあります。)

針交換
「部品注文:カートリッジ」でお確かめください。

型番
JANコード
ケース入数(お取引先様用)
パッケージサイズ
発売日
AT-ART2000
T4961310036508
10PCS.
H122.5×W59×D114mm
1999年11月21日