audio-technica

デジタルセレクター
AT-DSL5(税抜 ¥13,000.) 生産完了



   


本機は光と同軸を信号変換するセレクターです。
お手持ちの機器のデジタル入出力が異なる場合でも、中継することによってデジタル・ダビングが可能になります。
デジタル伝送マジック。
光←→同軸信号変換
*1を実現。


2台同時に*2デジタルダビング。
同軸←→光のデジタル伝送を実現。
入力選択機能で多彩なデジタル編集が可能。
ヘッドホンステレオに近いサイズで場所を選ばず使用。
ACアダプター付属。
*1 サンプリング周波数は切り換わりません。
*2 光/同軸デジタルで各々出力。


こんな時に
最近購入した機器のデジタル入力は光、長期間所持していたDATデッキ、CDプレーヤーやBSチューナーのデジタル出力は同軸なので、ダビングが不可能。買い換えるには予算がない。
入出力端子の互換性がないので好みのデジタル機器を購入できない。
インドアでは据置型のDATデッキ、アウトドアならポータブル型MDやDCCと使い分けて聴きたい。


かんたん接続
1、使用する光デジタル入出力端子のキャップを外す。
2、当社別売のデジタルケーブルを各々つなぐ。
3、ACアダプターをつなぐと電源オン。
4、入力を選択。
注意
●お手持ちのデジタル機器の取扱説明書をよくお読みください。デジタルダビングは1世代限りです。2世代目以降のデジタル・ダビングはできません。
●再生側と録音側のサンプリング周波数が異なるとダビングできません。一致しているかお確かめください。



アドバンデージ
今までのデジタルダビングは
再生機の出力と録音機の入力のデジタル・ジャックが光なら光、同軸なら同軸同士を揃えないと不可能でした。
          
でも ▼
AT-DSL5を中継すると
入力/出力各々に光/同軸端子装備。
だからデジタル機器を選びません。
2系統まで入力。1系統を選択可能だから、
片方をデジタル再生機からつなぎ、もう一方をBSやデジタル放送からつないでデジタルダビング。後でお手持ちの機器で編集。
2系統同時出力だから、
片方をDAC内蔵アンプにつないでデジタル音楽を聴きながら、もう一方を異なるフォーマットでデジタル録音。
テクニカルデータ
入出力端子:2系統のうち1系統を選択
 光・EIAJ 角形コネクター×2
 同軸・基準入力レベル0.5Vp・p/75Ω
出力端子:2系統
 光・EIAJ 角形コネクター、
 出力レベル−21〜−11dBm(波長660nm)
 同軸・基準出力レベル0.5Vp・p/75Ω
電源:DC6V、250mA
外形寸法:H29.5×W70×D126mm
質量
(本体のみ):約260g
付属品:ACアダプター
(改良などのため予告なく変更することがあります。)

型番
JANコード
ケース入数(お取引先様用)
パッケージサイズ
発売日
AT-DSL5
T4961310020446
20PCS.
H220×W92×D61mm
1994年10月21日