audio-technica

ステレオヘッドホンアンプ 限定生産
AT-HA5000ANV オープン価格
生産完了

かつてない音世界へ誘う、北海道アサダ桜と
越前漆塗りで仕上げた高品位なヘッドホンアンプ。


A級1,200mW+1,200mW(32Ω)出力のヘッドホンアンプ。
出力段にハイパワーMOS-FET採用。
北海道産アサダ桜に越前漆塗りを施した重厚感あふれるフロントパネル。
再生周波数5Hz〜200kHzでSACD/DVD-Audioなどのスーパーデジタルオーディオに対応。
高信頼性ノイトリック製ヘッドホンジャック。
高域位相のずれを極限まで追求した妥協のない特性。
電源部は振動や磁気の漏れが少ないRコアトランス。
トランス部分の微細な不要振動を低減するチタンプレート。
アクワイエ制振材で振動を極限まで抑え高音質を実現。
※ 高い制振特性を持つアクワイエを天板に貼り付けています。これにより、筐体の不要振動を抑制しています。
金メッキ線+6N-OFC線+OFC線の組み合わせによる専用設計トリプルハイブリッド電源ケーブル。
電源ケーブルにはハネナイトスタビライザー内蔵で振動を低減。
※ 高い制振特性を持つハネナイトスタビライザーを電源ケーブルに内蔵しました。これにより、ケーブルの不要振動を抑制しています。
高忠実伝送ロジウムメッキACインレット+電源プラグ、電源コネクター。
アルミ削り出しボリュームノブ。

テクニカルデータ
型式 A級動作アンプ
推奨負荷インピーダンス 16〜600Ω
入力感度/インピーダンス 1.1V/50kΩ
定格出力(20Hz〜20kHz、0.025%) 2,400mW+2,400mW(16Ω負荷)、
1,200mW+1,200mW(32Ω負荷)
600mW+600mW(64Ω負荷)、
65mW+65mW(600Ω負荷)
周波数特性 5Hz〜200kHz
(+0、−0.5dB 100mW出力時 32Ω負荷)
全高調波歪率 0.006%以下(20〜20kHz、100mW出力時、32Ω負荷)
チャンネル間セパレーション 62dB(20〜20kHz、32Ω負荷)
利得 15dB
SN比 117dB以上(JIS-A、入力ショート、定格出力時)
出力インピーダンス 0.1Ω
電源 AC100V、50/60Hz
消費電力 30W
入力端子 ライン入力(ピンジャック×2)
出力端子 ヘッドホン出力
(φ6.3ステレオ標準ジャック×2)
外形寸法 H93×W270×D240mm
質量 4.9kg
電源ケーブル インレットタイプ
付属品:φ6.3ステレオ変換プラグアダプター×2、電源ケーブル(2.0m)
型番
JANコード
ケース入数(お取引先様用)
パッケージサイズ
発売日
AT-HA5000ANV
T4961310114503
1PCS.
H152×W406×D343mm
2011年11月18日