audio-technica

DJミキサー
AT-MX45(税抜 ¥69,800.) 生産完了


8チャンネル入力に
イコライザー
トリムを搭載。
ミキサー機能充実の本格派モデル。


ライン5系統とフォノ(MM専用)3系統を装備した豊富な8系統入力。
チャンネル毎のゲインコントロール&トーンコントロールでレベルや音質を調整。アサインスイッチでA、Bまたはマスター出力に送り出しを選択。
クロスフェーダーのカーブ特性を自由にコントロール。
マスターにダイレクトミキシングができるトランスフォーマースイッチ装備。
出力3系統に録音用機器をダイレクトに接続可能。
センドリターン入出力装備で外部エフェクターが接続可能。
トーンコントロール、センド、パン、トークオーバー、キューなどの多機能マイク入力。
A、B各チャンネルの入力レベルとマスター出力のレベル表示切り換え自由。
サブ出力専用レベルコントロールで独立してモニター可能。
ターンテーブルとのレイアウトを重視した使やすいトップパネルデザイン。



クロスフェーダーカーブコントロール

クロスフェーダーカーブコントロールでクロスフェーダー特性を自由にコントロールできます。
◆ クロスフェーダーカーブの特性 ◆




トランスフォーマースイッチ

クロスフェーダーの位置に関係なく、ワンプッシュでAまたはBの入力をマスターにダイレクトミックス可能なトランスフォーマースイッチを装備。
多彩なミキシングテクニックに対応します。




バランスコントロール

AチャンネルとBチャンネルの左右の音量バランスを独立してコントロールできます。 音を左右に振ったり、フェードアウトやフェードインなど音の定位をリアルタイムに変化させることができます。



接続のしかた
    


                        


テクニカルデータ
入力
ch.1(PHONO 1、LINE 1):ステレオ
ch.2(PHONO 2、LINE 2):ステレオ
ch.3(LINE 3、PHONO 3):ステレオ
ch.4(LINE 4、LINE 5):ステレオ
MIC:バランス入力、アンバランス入力
RETURN:ステレオ、モノラル
入力レベル/入力インピーダンス(参考値)
LINE:−15dBV (47kΩ)
PHONO:−50dBV (47kΩ)
MIC:−50dBV (50kΩ)
出力レベル/出力インピーダンス(参考値)
MASTER OUT 1、2:0dBV (100Ω)
SUB 0UT:0dBV (100Ω)
センドリターン・レベル
SEND:0dBV
RETURN:0dBV
マイクトーンコントロール特性
HIGH :10kHz /+12dB、100Hz /−12dB
LOW :100Hz/+12dB、10kHz /−12dB
チャンネルトーンコントロール特性
TREBLE:10kHz ±12dB
BASS:100Hz ±12dB
 
周波数特性
LINE:20Hz〜30kHz(−3dB)
PHONO:20Hz〜20kHz(RIAA±1.5dB)
MIC:50Hz〜20kHz(−3dB)
出力ノイズレベル(最大ゲイン時)
LINE:−80dBV(JIS-A)
PHONO:−65dBV(JIS-A)
MIC:−67dBV(JIS-A)
全高調波歪率
LINE:0.2%以下
(−20dB入力、クロスフェーダー使用時)
モニター出力
適合負荷インピーダンス:32Ω
電源:AC100V(50/60Hz)
消費電力:16W
外形寸法:H95×W320×D360mm
質量:約5kg
別売:交換クロスフェーダー 
 AT8639X(税抜 ¥3,000.)
生産完了

(改良などのため予告なく変更することがあります。)

型番
JANコード
ケース入数(お取引先様用)
パッケージサイズ
発売日
AT-MX45
T4961310029975
1PCS.
W353×H450×D123mm
1997年11月21日