audio-technica

ミキシングヘッドホン
ATH-LX3(税抜 ¥7,980.) 生産完了






本機はミキサーを使わず、CDやカセットデッキの音と楽器の音など2つの異なる音を同時にミックスし、モニターできるヘッドホンです。

ミックスできるヘッドホン。
右出しケーブルでコピーはかどる!


曲のコピーに最適、CDの音と楽器アンプ出力からの楽器音を簡単ミックス。
ドラマーにはライブでの同期演奏に効果、シーケンサーのクリック音とモニターの音をミックス*
ウイングサポート(PAT.)で無調整フィット。
楽器演奏のじゃまにならない右出しケーブル。
ステレオ出力の楽器アンプにも対応するMONO/STEREO 切り換えスイッチ付き。
許容入力1,200mW、φ40ドライバー採用で高耐入力・高音質。
打ち込まれたデータを再生しながら生音をかぶせる形式のライブ(同期演奏)で本機を使えばドラマーはリズムキープのためシーケンサーのクリック音と演奏音をミックスしモニターできます。


接続のしかた
CDプレーヤー&ギターアンプの組み合わせで曲をコピー

1、 φ3.5ミニプラグ()をCDプレーヤーのヘッドホンジャックに、φ6.3標準プラグ(赤)はギターアンプのヘッドホンジャックにそれぞれ接続します。
2、 コントローラーのスイッチをMONO、ボリュームを中央にします。
3、 ボリューム中央で、接続した2つの音は同じ割合いでミックスされますのでカセットデッキとギターアンプの音量バランスがほぼ同じ音量になるようそれぞれの機器のヘッドホンボリュームを調節します。
4、 ボリュームを「INST」側にするとφ6.3標準プラグ(赤)に接続したギターアンプの音が大きく、「CD」側にするとφ3.5ミニプラグ()に接続したCDプレーヤーの音が大きくなります。



コントローラーの使いかた

1、 コントローラーのスイッチはφ6.3標準プラグ(赤)接続の楽器アンプだけに動作します。
2、 楽器アンプのヘッドホン出力によってスイッチを切り換えます。

   MONO   → ヘッドホン出力がモノラル
   STEREO  → 
ヘッドホン出力がステレオ

楽器アンプのヘッドホン出力はモノラルの場合、通常のヘッドホンではL側しか音が出ません。
スイッチを切り換えることによってL、R両方から音が出るようになります。

3、 CDプレーヤーの音だけを聞く場合はφ3.5ミニプラグ()だけを使い、スイッチはOFFにします。コントローラーのボリュームは中央または「CD」側にします。
コントローラーのボリュームが「INST」側になっていますと音は小さく聞こえにくくなります。


右出しケーブル
ギターのネックにかからないので、演奏のじゃまになりません。


ウイングサポート(PAT.)
無調整で頭のサイドにソフトにフィット。
頭頂部を圧迫せず、長時間快適にリスニングが楽しめます。
片耳モニター機構
ハウジングを上下に反転させるだけ。
*イラストは片耳モニター時。

         


トータルイヤフィット設計
耳全体をしっくり包むように装備。長時間リスニングも快適です。

                  
注意
●エレキギターやエレキベースのアウトプットを本機と直接つないでも音は出ません。
 かならず楽器アンプを使い、アンプのヘッドホン出力から接続してください。
●必ずヘッドホン出力レベルの機器に接続してください。
 設定、信号の引き回しなどの詳細に関しては接続機器の取扱説明書をご覧ください。



テクニカルデータ
型式:密閉ダイナミック型
ドライバー:φ40mm、CCAWボイスコイル
出力音圧レベル:100dB/mW
再生周波数帯域:15〜25,000Hz 
最大入力:1,200mW(EIAJ)
インピーダンス:70Ω
イヤパッド:ソフトレザー
質量(コード除く):約210g
プラグ:標準金メッキステレオプラグ
    ミニ金メッキステレオプラグ
コード(シース/素材/長):PVC/OFC/3.5m片出し、
 コントローラー付き
 φ6.3mmプラグ:3.0m
 φ3.5mmプラグ:1.5m
(いずれもコントローラーからプラグまでの長さ)
別売:交換イヤパッド
「部品注文:ヘッドホン」でお確かめください。
(改良などのため予告なく変更することがあります。)

型番
JANコード
ケース入数(お取引先様用)
パッケージサイズ
発売日
ATH-LX3
T4961310029982
10PCS.
H260×W190×D95mm
1997年10月21日