インタビュー&試聴レビュー 野村ケンジ氏が聴く 世界初!カナル型ヘッドホン採用のワイヤレスサラウンドシステム「ATH-DWL3300」開発秘話をインタビュー。そしてその実力は!?

ワイヤレスサラウンドヘッドホンはとてもいい。仕事から帰宅した深夜などでも大迫力の映画を楽しめるだけでなく、家中どこでも移動できる手軽さがあるからだ。そんなワイヤレスヘッドホンに、全く新しいコンセプトを持つ製品が登場した。それが世界初(※)、カナル型ヘッドホンを採用する「ATH-DWL3300」である。ワイヤレスサラウンドヘッドホンシステムの常識を打ち破る、新コンセプトを持つ「ATH-DWL3300」について、開発者のインタビューとともに、試聴レビューをお届けしよう。(※2012年6月現在 オーディオテクニカ調べ)

目次

寝転がって映画を楽しめたら、がきっかけでした
ATH-DWL3300開発秘話1

ワイヤレスサラウンドヘッドホンシステムでありながら、カナル型ヘッドホンを採用する画期的なコンセプトはどこから生まれてきたのだろう。そのきっかけは意外なエピソードから始まった!?

記事を読む


カナル型最大のφ14.5mmドライバーを搭載
ATH-DWL3300開発秘話2

画期的なコンセプトを、いかに製品としてまとめ上げるか。さまざまなトライと検討を重ねた末、最終的に目指したのは、カナル型ヘッドホンならではの良さを活かすことだった。

記事を読む


カナル型でサラウンドを実現している驚き。
さらに魅力的な手軽さ。

カナル型ヘッドホンでサラウンドを実現するコンセプトには、誰もが驚いたはず。はたして、その実力の程はいかがなものだろう。AVライター野村ケンジが、そのサウンドクオリティをチェック。

記事を読む


野村ケンジ

野村ケンジ

ヘッドホンからPCオーディオ、本格ホームシアター、カーAVまで、AV関連の様々な記事を手がけるライター。なかでもヘッドホンに関しては、年間に200機種以上を試聴する、日本屈指のオーソリティ。そのいっぽうで、ステレオ用の大型スピーカー(TADモニター)とサラウンドスピーカー(エラックの7.1chシステム)を同居させた、ホームシアターシステムも構築している。


ATH-DWL5500スペシャルサイトへ