それは、リアルウッドハウジングのぬくもりとナチュラルな音質を探求しつづけてきたWシリーズが、第9世代のW5000で到達した最上級の音響素材です。このヘッドホンに託された音楽再生への遥かな思いと、長い技術蓄積の成果をいっそう心に深く、刻みとどめていただけます。 ハウジングに使用した縞黒檀材は、楽器などに古くから使用される音響特性に優れた、重く硬い素材です。縞黒檀は硬い黒い層とそれよりも幾分硬さが抑えられた層との縞模様の年輪構造になっており、この硬さの異なる層により互いの共振点を抑制しあうことで、制振効果を生み出します。この制振効果がハウジングの振動を抑制することで、濁りの無い高音質を実現しています。これらの縞黒檀は天然木を使用しているため、縞模様が一台一台異なります。そんな縞模様の木肌を生かすため、表面にはクリアー塗装のみを施しています。世界に一台しかない「Raffinato」な風合いをお楽しみください。
ジョイント、フレームにはマグネシウム合金採用の軽量設計。
  • 高剛性&軽量マグネシウムフレーム
  • スペイン産ラムスキンイヤパッド
  • 高密度強靭バッフル
  • D.A.D.S.構造二重構造のハウジングで空気のダンピング効果を高め、低音の伸びを改善します。
  • チタンフレームφ53mmドライバーユニット
  • 黒檀材ハウジング
  • 強力ネオジウムマグネット
  • OFC8Nボビン巻きボイスコイル純度99.9999997%の無酸素銅=OFC8N(通常の銅線は99.99%の4N)
  • パーメンジュール磁気回路
金属スリーブを使用したφ6.3標準プラグで音質重視設計。
高弾性エラストマーシース
OFC6N+Hi-OFCの
ハイブリッド線の4芯構造