奥浜レイラさん Special Interview

フェスラバー奥浜レイラが聴き比べるライブやフェスの“ベスポジサウンド”

「SUMMER SONIC」のステージMCや、フェス専門番組のMCとしてフェスシーンで活躍中の奥浜レイラさん。 仕事はもちろん、プライベートでもよくフェスに参加している彼女の姿をフェス会場で見かけたことのある方も多いはず! 今回は、そんなフェスや音楽を愛してやまない彼女が、フェスやライブ会場の熱気溢れる空気感を味わうことができる “聴いていて楽しい音” をテーマにしたオーディオテクニカの新しいインナーイヤーヘッドホン「LS」シリーズで、音を味わい尽くします。 生音の魅力を知る彼女だからこそ気になるヘッドホン聴き比べと、音の味わいについてたっぷり語っていただきましょう!(interview/text by 鈴木絵美里)
オーディオテクニカ「LS」シリーズpresents 奥浜レイラさんインタビュー
―― 本日はよろしくお願いします。
よろしくお願いします。 そろそろよいヘッドホンを探して購入したいなあと思っていたタイミングだったんです、本当に。
―― それはよかったです!すでに何か、試しに聴いたりされましたか?
いえ、それがまだで。 音以外の面でも、耳を覆うタイプのものだと夏はできないかなって気になったり、私の場合ピアスなど耳のアクセサリーを邪魔しないタイプを探したりも。 なので、今回聴き比べや装着感などを知りたいと思っています。
―― 普段の奥浜さんは、どのように音楽を聴かれますか?
「SUMMER SONIC」をはじめとするライブステージでのMCやラジオパーソナリティなど、エンタテインメントにまつわるお仕事も多いため、新譜はかなり聴いています。 また、そもそも普段から仕事以外でもライブやフェスに行くことが大好きなので、いつもその予習復習を兼ねて音楽を聴き続けている、という感じです。
―― 洋楽・邦楽は問わずにいろいろ?
はい。 邦楽も聴きますし、特に海外アーティストの来日情報は、レジェンド級の方々からまだ日本ではあまり知られていない方まで、くまなくチェックしていますね。 来日公演が決まると、そのアーティストが既に別の国でライブをした際のセットリストを調べて予習用プレイリストを作成して聴き込んだり。と言いつつ、2017年になってもいまだに一番聴いているのは2016年フジロックヘッドライナーだったBECKの、セットリスト通りに組んだプレイリストなんですけどね(笑)。 こうやって復習用に作ったものは「あ、この曲のこの後のMCでああいうこと話していたな」なんてことも思い出せるからまた楽しいです。
予習してライブに臨むと「実際に観てみたら思っていたよりすごくコーラスがきれいだな」ってわかったりする。 その後「あの感動をもう一度!」と聴き直すと、自分が聴き込みたい部分にさらに耳がフォーカスするから、そこをメインで聴き直せてさらにライブの感動が脳内で蘇ってくる。 私の場合、そういうことを繰り返しながらずっと音楽とともに生きている感じがします。
―― 本当に、常に音楽と一緒にあるという生活ですね。
はい。 でも今は、主にスマートフォンでサブスクリプションサービスの音を、スマホ純正のイヤホンで聴いていて。 仕事に行く前にテンションを上げたくて音楽を聴くことがとても多いのもありますけど、こういう日常で音楽を聴く時のクオリティを、少しでも上げられたらという想いがありますね。