Home > 産業用クリーニング装置 > テクニクリーンとは

テクニクリーンとは?

オーディオテク二力「テクニクリーン」は、全ての機種に独自の粘着ローラーを採用し、その粘着力により樹脂版、ガラス、各種フィルム・シート、金属板等に付着したホコリ、材料力スなどと静電気を効率良く除去することを目的とした最新型のクリーナーです。 ほとんど全ての微細なゴミを除去できます。

主な特長

豊富なコンベア
クリーニングする材料に合わせ、コンベア、ミニコンベア、マルベルトコンベア、平ベルトコンベア、コロコンベアからお選びいただけます(オプション)。
クリーニング動作
PLC制御により、リバーシブル動作、連続、自動一方向、自動往復によるクリーニングが可能です。
選べる素材有効幅
クリーニングする材料の有効幅は30~1500mm(シリコン系ゴムは~600mm)までをカバーしています。材料に合わせてお選びいただけます。当社の粘着ゴムを使用した特注サイズの粘着ローラーも製作可能です。
※ 当社規定条件内での製作となります。詳しくは当社営業窓口までお問い合わせ下さい。

ブチル系合成ゴム

ブチル系合成ゴムローラー仕様のテクニクリーンは材料への成分転写は極めて少なく、長期にわたり安定したご利用が可能です。

  • 材料の表面に影響を与えずに、くまなく密着します。
  • 安定したゴムの組成により経年変化がなく、他の素材と比較しても耐摩耗性にすぐれています。
  • 当社専用クリーニング液で洗浄することにより、常に一定の粘着力を保つことができます。
  • 薄物シート材料(50ミクロン~)には当社独自の技術による「巻込防止ベルト機構」を採用。ローラー粘着力との組合せにより、素材を痛めることなく、スムーズにクリーニングすることができます。
  • より強力なクリーニングを必要とされる方にはブラシユニット付きのクリーナーをご用意しています。
  • 密閉型トップカバーの採用により外の浮遊塵からローラーを守ります。
  • 入口・出口の除電バーが静電気を取り除きます。

Cleaning System ブチル系合成ゴムローラー仕様のシリーズは、材料から粘着ローラーがゴミを取り除き、ゴミを吸い取った粘着ローラーは上下に配置されているクリーニングローラーで常にクリーニングされます。TC-X30 Series マルベルトコンベア(オプション)

タック度別粘着力

異なる粘着力のローラーを組み合わせることで、クリーニングする材料に最適なクリーニング環境を創出します。

ブチル系合成ゴム

シリコン系ゴムローラー仕様のテクニクリーンはクリーニングテープを採用し、ワークの修練度に依存しない安定性を重視したクリーニング方式です。

  • クリーニングテープを採用し、粘着ローラーの洗浄回数が大幅に低減されます。
  • 粘着ローラーの洗浄回数が低減されるため、ワークの修練度に関係なく、安定したクリーニングが可能です。
  • 密閉型トップカバーの採用により外の浮遊塵からローラーを守ります。
  • 入口・出口の除電バーが静電気を取り除きます。

あらゆる材料のクリーニングを可能にしたテクニクリーン

  • ゴミを嫌うさまざまな製造工程においてスピーディーに効率良く、そして安全にその性能を発揮します。
  • スクリーン印刷前、コーディング前、張り合わせ前、露光前など、ゴミ・静電気除去に最適です。

材料表

Home > 産業用クリーニング装置 > テクニクリーンとは