カートリッジを固定し、リードワイヤーを通して微細な電気信号をトーンアームケーブルに送るパーツです。 共通規格であるユニバーサルアームに使用します。
ヘッドシェルは素材や重さにより音が変化します。 重いヘッドシェルを使うとトーンアーム全体の重量が増えるため音に締まりがでますが、トーンアームよってはバランスのとれない場合があります。 その場合はカウンターウェイトを使ってバランスを取ります。
軽いヘッドシェルは幅広いトーンアームに対応できます。 好みの音質に合わせるためにカートリッジ/ヘッドシェル/トーンアームのバランスが大切となります。
ヘッドシェルの素材はアルミニウムやマグネシウムが使われます。振動による共振(ヘッドシェルの鳴き)が発生することもあるため、音の伝達速度が早く(音が逃げやすい)硬度があるモノが良いとされます。
カートリッジの交換は、カートリッジとヘッドシェルのセットを複数持つことで簡単に行なうことができます。
AT-HS10 BK/SV AT-HS10AT-HS10 BK/SV
アルミニウム/約10.0g
AT-LH13/OCC AT-LH13/OCCAT-LH13/OCC
アルミニウム/13.0g
AT-LH15/OCC AT-LH15/OCCAT-LH15/OCC
アルミニウム/15.0g
AT-LH18/OCC AT-LH18/OCCAT-LH18/OCC
アルミニウム/18.0g
AT-LT13a AT-LT13aAT-LT13a
アルミニウム/12.8g
MG10 MG10MG10
マグネシウム/10.0g