トーンアームの役割
トーンアームはカートリッジがレコードの音溝を正確にトレースするためカートリッジのバランスを保持し、針に一定の圧力(針圧)をかけるための装置です。軸受けにベアリングを用いたり、アームの端にウエイトをつけることで水平・垂直のバランスを取りながら音溝をトレースしていきます。トーンアームには様々な形状があり、それによって音が変化しますので、カートリッジやヘッドシェルなどとの組み合わせの中で好みの音を調整していきます。
アーム形状
ショートアームとロングアーム
トーンアームアームパイプ自体の長さによりショートアームとロングアームに分類されます。ロングアームはオフセット角を小さくできるためトラッキングエラー(レコードの内側と外側での角度の違いによる誤差)が少なくなりますが、プレーヤー自体のサイズが大きくなります。ショートアームは慣性モーメント(回転に対する抵抗)が低いためアーム自体の動きやバランスの維持がしやすくなります。
J字型タイプ
アームパイプの先端自体を左側に曲げることでオフセット角をとった形状です。
S字型タイプ
アームパイプをS字に曲げたタイプです。S字に曲げることでラテラルバランスをとることをねらった構造です。
ストレートタイプ
まっすぐなアームパイプに対しカートリッジ部分を右に向けて取り付けることでオフセット角をとっているタイプです。
先端形状
ユニバーサルアーム
アーム先端のヘッドシェルが取外し可能になっているタイプです。カートリッジの交換が簡単なため、カートリッジとヘッドシェルのセットを複数用意しておけば様々な音を手軽に楽しむことができます。
インテグレーテッドアーム
ヘッドシェルとトーンアームが一体になっているタイプでカートリッジの交換に手間がかかりますが、電気接点が少ないため不用意な接点不良に悩まされることが少なくなります。海外製のアームに多く見られる形状です。
インサイドフォース
回転するレコード盤にカートリッジを落とすとインサイドフォースと呼ばれる、より内側に向かって行こうとする力が発生します。 音をとび越したりすることを回避するために、インサイドフォースキャンセラー(アンチスケーティング)と呼ばれる外側にウエイトかかる機構で調整します。