レコードに音溝を彫る場合、音の周波の幅がそのまま反映されるため、低音と高音で音溝の幅が変化します。その状態で音溝を彫ると、溝と溝のピッチが変化して一定の記録ができなくなります。そのため、実際にレコードを記録する際には低音を減衰、高音を強調した状態(RIAAカーブ)で記録します。 この状態で記録された音を元の状態で再現させる装置をフォノイコライザーと呼びます。
AT-PEQ3 AT-PEQ3AT-PEQ3 AT-PEQ20 AT-PEQ20AT-PEQ20