会社案内
AT-ART1000
ダイレクトパワーステレオMCカートリッジ

1962年の創業以来ずっとカートリッジをつくり、アナログオーディオの伝統を守り続けてきたオーディオテクニカ。世界にももう稀れなその精密技術を結集した新しいリファレンスモデルがAT-ART1000。ダイレクトパワー方式の空芯MC型カートリッジです。これまでのデュアルムービングコイル方式と違って、発電コイルをスタイラスチップの真上に配置。レコードの音溝からピックアップしたデリケートな音楽信号を、文字どおりダイレクトに発電系へ伝えて電気信号に変換することで、極限ともいえる高忠実度再生を実現しています。もちまえのクラフトマンシップにもとづいて1台1台ハンドメイドされる最高級カートリッジの、底知れず深い驚きに満ちた音世界。ハイレゾデジタル時代の今だからこそ、アナログオーディオの真髄をどうぞお聴きください。
極めればアナログ、かぎりなく深い音世界。

スマートフォンやダウンロード音楽の普及にともなって、ハイレゾ(ハイレゾリューション=高解像度)と呼ばれる音のよいデジタル音源がすっかりおなじみになってきました。
CDとはもう比べものにならないほど進歩したハイレゾ音源。それらは、何十年も昔に録音された音楽からも簡単に素晴らしい音質を引き出し、時には最新録音を上まわるほどの鮮度で生々しい感動をよみがえらせてくれます。それはデジタルオーディオ時代の幸福に違いありませんが、見かたを変えれば、そうした古い録音のほとんどが、もともとアナログだったことに気づきます。アナログ音源には、今の時代にびっくりするほどよい音が記録されていたのです。
だとすると、その信号をデジタル変換せずにアナログのまま聴いてみたい、という願いが高まっても不思議ではありません。アナログサウンドの魅力、可能性は時代を超えて無限。私たちはそのために、今もカートリッジをつくりつづけています。肉眼では見えないくらいデリケートなレコードの音溝から音楽情報を忠実にピックアップする。その精密技術と創業精神は、オーディオテクニカの根底を支える資産として、こんにちまでしっかり継承されているのです。アナログのカートリッジはいつも、私たちの心の原点です。

関連サイト:一般製品