会社案内
AT-RX28 クイントハイブリッドオーディオケーブル
合計5種類の厳選素材を組み合わせた高品位クイントハイブリッド導体。AIR SPACE INSULATION SYSTEM による極めつきの制振性能。ハイレゾ時代のマスタークォリティを求めて開発された新生"Rexat" ラインケーブルです。PETメッシュスリーブの採用で、ケーブルの保護とインストール性も向上しました。
AT-HRD5 デジタルトランスポート
USB-DAC として使用すれば、384kHz/32bit までのPCM ハイレゾ音源に対応するカーオーディオ用デジタルトランスポート。アナログ出力のほかに同軸/ 光の入出力機能もそなえ、さまざまな機器を接続してこんにちトッブレベルのサウンドをお楽しみいただけます。DACはESS 社製のES9018K2M、伝送系にWIMA やOS-CON などなど、世界最高水準のディバイスと厳選パーツを投入し、音質の革新に挑んだ新製品です。
積み重なる 精密技術の粋。

ヘッドホンやマイクロホンなどと違って華やかではないけれど、オーディオに欠かすことのできない周辺アイテム。ときには家屋の土台のように、結果のすべてを決定づけてしまう重要な脇役。それがAVアクセサリーです。たとえば、機器から機器へ音楽信号を受け渡す信号ケーブル。わけてもカーオーディオに使われる信号ケーブルは、絶え間ない振動や熱、エンジンまわりその他から発生する電気的なノイズなどにさらされます。それらさまざまな妨害要素を排除しながら、デリケートな音楽信号をしっかり伝送しなければ、すぐれた音質を得ることはできません。
カーオーディオ専用の高音質・高品質ケーブルといえば、国内カーサウンドコンテストでも定番になっている"レグザット"シリーズです。クルマの中の過酷な環境をかつてないほど厳格に解析してつくりあげられたレグザットの圧倒的な伝送性能と信頼性。それは、カートリッジメーカーから出発したオーディオテクニカならではの精密技術が、きっと誰にも真似のできない分厚さに積み上げられた結果です。小さなひとつひとつの積み重ねが、やがて意外な音の差を生み出す―― 信号ケーブルにかぎらず、私たちのAVアクセサリーはどれもが同じポリシーと技術でたんねんにつくられています。

関連サイト:車載関連製品
AT-SP767TV
デジタルワイヤレスステレオスピーカーシステム

ワイヤレスステレオスピーカーシステムサウンドアシストシステムには、用途によっていろいろな種類の製品がありますが、これは手元に置いて、まわりに気兼ねなくテレビ等の音声をはっきり聴くためのワイヤレススピーカーです。わずらわしいスピーカーケーブルがなく、とても使いやすいので、広い世代のお客様からたいへんご好評をいただいています。
AT-PHA100 ポータブルヘッドホンアンプ
USBバスパワーまたは内蔵充電池対応のコンパクトなヘッドホンアンプ。しかもハイレゾ38 4 kHz/32 bitPCMやDSD128 (5 .6 MHz)再生までサポートする最新世代の高性能モデルです。ESS社製ES9 018 K2 M DACをはじめとする選びぬかれたディバイスや、オーディオテクニカ独自のディスクリートアンプ回路により低域から高域までいちだんと力強くフレッシュなハイレゾサウンドを満喫できます。
人から人へ、心をつなぐ高音質。

1970年代末期、服のポケットに収まるポータブルカセットプレーヤーが登場したことから、オーディオの世界はおおきく変わりはじめました。室内からアウトドアへ、スピーカーからヘッドホンへ。
パーソナル化の流れは、それまで音楽再生のメインストリームだったレコードが、ずっとコンパクトなCDに世代交代することで決定的になりました。こんにちでは、そのCDもハードディスクや個体メモリーに先を譲り、パソコン、あるいはスマートフォンのような携帯端末が主流になろうとしています。
オーディオテクニカはそうした時代のニーズにマッチするいろいろなオーディオ機器、ヘッドホンアンプやコンパクトスピーカー、ミキサーその他を開発・製造していますが、どんな時代にも変わらず大切なこと、最優先されるべきキーポイントは音質だと思います。
人が聴くから音。人が気持ちよく聴けてこそ、よい音です。より多くの人によい音をお届けするために、近年まったく新しい分野のオーディオ機器、"サウンドアシストシリーズ" に注力しています。たとえばテレビの音や、日常会話の声がもっとはっきり、しっかり聴き取れる。今までどうしてなかったの?といわれる機器を、これからも創ります。

関連サイト:一般製品