Event/News

Home > イベント・ニュース > SUMMER SONIC 2013 イベントレポート

MUSE×METALLICAの2大ヘッドライナー実現!真夏の巨大音楽フェス「SUMMER SONIC 2013」を、オーディオテクニカが今年もサポート!

一昨年はTHE STROKES/RED HOT CHILI PEPPERS、昨年はGRREN DAY/RIHANNA、とワールドワイドなビッグ・アーティストをヘッドライナーに迎えて大成功を収めた、「日本最大級の巨大音楽イベント」にして「洋楽フェスの代表格」でもある「SUMMER SONIC」。2000年のスタートから今年で14回目を数える「SUMMER SONIC」は、都市型フェスとしてのアクセスの利便性や快適性はもちろんのこと、何より音楽シーンの「今」を捉えた強力なアーティスト・ラインナップで、洋楽ファンを中心とした音楽ファンの熱い支持を集めてきた。

洋邦ロックの大物からアイドルまで結集した最高のラインナップが実現

今回の「SUMMER SONIC 2013」でも、ヘヴィ・メタル界のみならずロック界を代表する存在となったMETALLICA、世界的スタジアム・バンドへと成長したMUSEを2大ヘッドライナーとして擁し、LINKIN PARK/STEREOPHONICS/FALL OUT BOY/THE SMASHING PUMPKINS/PET SHOP BOYS/TWO DOOR CINEMA CLUBといった豪華な顔ぶれに加え、CHEAP TRICK/EARTH, WIND & FIREといったレジェンドまで登場する洋楽ラインナップ。そして、Mr.Children/ONE OK ROCK/マキシマム ザ ホルモン/MAN WITH A MISSIONなど邦楽シーンをリードするアクト、ももいろクローバーZをはじめアイドル勢も網羅した、まさに死角なしの音楽祝祭空間が2日間にわたって展開されていた。

特設サイト「Social Board」と連動するaudio-technicaのPRブースも大盛況

そして、そんな2日間の熱狂をさらに盛り上げていたのが、audio-technicaが開設した「Twitter・Facebook連動&オーディエンス参加型」の特設サイト=「SUMMER SONIC 2013 Social Board presented by audio-technica」だ。昨年から新たな試みとして開設された「Social Board」では、「SUMMER SONIC」の会場の情報やライブの感想をリアルタイムで書き込む参加者の投稿を「アーティスト」「初参加」「行きたかった」「ソニ飯」「フォト」のカテゴリーでチェックすることができ、現場の熱気を会場の内外へと伝えるのに大きく役立っていた。投稿した人の中から抽選で20名にオーディオテクニカのインナーイヤーヘッドホン「ATH-CKS77X」がプレゼントされるほか、フードコート(メッセ5〜6号館)内に設置されたaudio-technicaのPRブースでは「Social Board」との連動企画として、ブース内のフォトステージでaudio-technica製品と記念撮影、写真の裏に当たりが出たら各日50名、合計100名にヘッドホン「ATH-SJ11」がプレゼントされるというイベントも実施され、約1200人の参加者が午前中から列を作っていた。他にも、「ATH-CKS77X」などSOLID BASSシリーズ、9月20日発売の新製品「ATH-CKX9」などSonicFuelシリーズをはじめとする製品試聴コーナー、LINKIN PARKをはじめaudio-technicaマイク使用アーティストが「SUMMER SONIC」に出演した時のライブ写真のパネル展示なども行われ、2日間にわたって賑わいを見せていた。


SUMMER SONIC 2013 Social Board (投稿期間終了・閲覧のみ可能)

2002年以来「SUMMER SONIC」へのサポートを行い、「SUMMER SONIC」との密接なパートナーシップを育んできたaudio-technicaは、今年も前回同様に約1000本のマイク提供で、2日間のステージを強力にバックアップしている。幕張・大阪両会場合わせて2日間で実に約23万人の動員を記録した真夏の祭典「SUMMER SONIC 2013」。全日程ソールドアウトとなった今年の「SUMMER SONIC」の中でも、2日間で13万人のオーディエンスが熱狂した幕張会場の模様を、ここにレポートしていくことにする。


Home > イベント・ニュース > SUMMER SONIC 2013 イベントレポート