audio-technica
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器
Enent/News プレスリリース Back

リサ・ローブがAE5400で熱唱。クリアーボイスが心に沁みた!
— 2.4. Lisa Loeb in 渋谷公会堂 レポート —
 


Lisa Loeb


Q:素晴らしいコンサートでした。お聴きしていて、われわれも本当に感激しました。
A:Lisa氏

ありがとう。わたしもうれしく思っています。

Q:早速ですが、リサさんにはいつごろからオーディオテクニカのマイクをお使いいただいているのでしょうか。
A:Lisa氏

92年か93年じゃなかったかしら。デビュー曲の“Stay”のレコーディングにも、オーディオテクニカのマイクを使ったわ。わたしのボーカルだけじゃなくて、ギターとかにもね。……あれは、たしかAT4050/CM5だったかしら。

Q:最初はスタジオでお使いいただいたということですね?
A:Lisa氏

ええ、そうです。最初はスタジオで使ってみて、すぐにいい音だなと思いました。ハイエンドがよく伸びていて気持がいいし、低域も締まりがあってとてもいいと思ったので、「このマイクにしましょうよ」とみんなに言ったのです。

Q:それで、今はライブでもお使いいただいているわけですが、ライブで使っていただくようになったのはいつごろからでしょうか。
A:Lisa氏

最初は、とても値段の高いものなど、他のメーカーのマイクもいろいろ試してみました。でも、いつからだったかはエンジニアに聞かないと憶えていませんが、ライブでもオーディオテクニカのマイクを使ってみると、とても気持がよかったのね。それに、スタジオでもステージでも同じマイクが使えるなら、それに越したことはないでしょ?オーディオテクニカのマイクなら、それができるということね。もちろん、音はとてもいいわけだし。

Q:今日のステージでボーカルにお使いいただいていたAE5400についてはどう感じていらっしゃいますか?。
A:Lisa氏

とてもクオリティが高くて、あのマイクにはとても助けられているわね。静かに歌うときにも大きな声で歌うときにもニュアンスがよく伝わるし、とにかく、使いやすいマイクだわ。ほかのメーカーのマイクだと、もっと音にクセがあって、マイクと格闘するような感じになることもあるのだけれど、あのマイクならそんなことはないし、聴いてくれる人たちも聴きやすいんじゃないかしら?

Q:AT4054にはケーブルが必要ですが、ワイヤレスのマイクをお使いになったことや、今後使いたいというお気持はあるのでしょうか。

A:Lisa氏

わたしは歌って演奏するだけだから、マイクがワイヤレスかどうかなんて考えたことがなかったわね。わたしはステージであまり動き回ることもないから、ワイヤレスのマイクは必要ないんじゃないかしら。……ワイヤレスとそうじゃないマイクでは、ケーブルで接続してあるというほかにどんな違いがあるのかしら?(バンドのメンバーから、「音にも違いがあるし、信頼性とかの問題もあるよ」との声)じゃあ、別にワイヤレスにすることはないわね。

Q:日本のファンのみなさんに何かメッセージがありましたらお願いします。
A:Lisa氏

わたしのショーに来てくれたファンのみなさんには、あらためてありがとうを言いましょう。ステージで歌っていて、わたしもとても楽しいので、できるだけ早く、また日本に戻ってきてツアーをしたいと思います。それまで待っていてください。

ありがとうございました。(2002.2.4. 渋谷公会堂にて)(T)

◎FOHエンジニア Terry Gaber氏に聞く

戻る

HOME イベント・ニュース 業務用音響機器