audio-technica
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器
Enent/News イベントレポート Back

デヴィッド・ニコルズ(David Nicholls)

 

8月17・18日に東京(関東)・大阪で同時開催されたロックフェス"SUMMER SONIC 2002"で、とりわけ注目度が高かった“愛の流血男”アンドリューW.K.〔ANDREW W.K.〕。そのステージは、期待に違わず熱くパワフルでした。このアンドリューW.K.とともにやってきたデヴィッド・ニコルズDavid Nicholls氏は、アメリカでも指折りの“audio-technica”通として知られているサウンドエンジニアです。お忙しい中、お願いしてお話をうかがいました。
[2002年8月17日、幕張メッセにて]

 


Q:期待通りの、とてもパワフルで熱いステージでしたね。ファンの反応も最高でした。
A:Nicholls氏

ぼくたちは今年の5月にも日本に来ているので、アンドリューもぼくも今度が二度目になるのだけれど、あの時もファンの盛り上がりはすごかったね。400〜500人ぐらいで一杯になるクラブでのショーだったので、今日のような大きな会場とは勝手が違うけれど、あの時もファンの熱気には本当に驚いたよ。

Q:今日のステージの話にさせていただきますが、あれだけパワー全開のステージですと、マイクの能力も相当に問われるだろうなという気がしましたが。
A:Nicholls氏

まさしくそうだね。これまでに何度も他のメーカーのマイクを使ったことがあるんだけれど、とにかく作りがヤワで、ちょっと落としただけで、もう使えなくなってしまったりということがしょっちゅうでね。それに、今日のステージでもやっていたように、アンドリューはよくファンの子たちに水をかけてあげたりするので、それがマイクにかかるともうオシマイだったり、他のメーカーのマイクには随分泣かされたね。オーディオテクニカのマイクなら、それぐらいでは何ともなくて、問題らしい問題が起きたこともないんだ。アンドリューには(ボーカル用に)AT4054を使ってもらったこともあるけれど、彼が床に落としたぐらいでは、あのマイクはビクともしないからね。あの丈夫さには本当に感心するよ。もちろん、大きなダイアフラムを使っているおかげで、音がリッチでミックスしてもヤセたりしないし、高音も歯切れがいいし、ぼくにとっては最高のマイクの一つだね。

Q:ところで、最初にオーディオテクニカのマイクをお使いいただいたのはいつ頃のことでしょうか。
A:Nicholls氏

はっきりとは憶えていないけれど、6、7年ぐらい前じゃないかな。最初は、仲良くしているエンジニアの友人がAT4050/CM5のことを教えてくれたんだ。すごくいいマイクだから、ぜひ使ってみろってね。で、使ってみたらまさしくその通りで、もう手放せなくなってしまって。——今日のステージでもギターアンプと(ドラムの)オーバーヘッドに使ったけれど、ワイドレンジで感度がとてもいいにもかかわらず、大音量でも音がくずれたりすることがないし、とくにギターアンプ用としては、AT4050/CM5以上に素晴らしいマイクはないと断言してもいいね。低域も、ミッドレンジも高域も、どの帯域でもくっきりとした締まりのある音が出るので、文句のつけようがないんだ。それに、EQをかけなくても済むので、ソースの音がよければPAを通して出てくる音もいいと決まったようなもので、みんながハッピーになれるんだよ。

Q:ほかのマイクについてはいかがでしょう。
A:Nicholls氏

ATM23HEもいいマイクだね。アメリカの専門誌も、大音量にとても強いし、音質も申し分ないと書いていたくらいだし。それと、AT4047/SVだったかな、あのシルバーのボディの。あれは、アメリカではまだ使う機会がなかったので使うのは今度が初めてだったんだけれど、試してみたら実にいい音が出るので気に入ったね。

Q:AT4047は、AT4050/CM5とは少しキャラクターが違うマイクですが、トータルなクオリティーでは同じようなレベルを目ざした製品ですからね。
A:Nicholls氏

ATM23HEと、AT4050/CM5を始めとする40シリーズ全体について言えることだと思うけれど、とにかく製品にバラつきがないということも大きな魅力で、どんな時でも必要な音、求める音を出してくれる。一度も困らされたことがなくて、安心して使えるというのは本当に有り難いことだね。そういえば、ずっと前から使っているペンシル型のAT4041も本当にいいマイクで、あまりに音の出方がいいので、アメリカのオーディオテクニカの知り合いに、このマイクはもう少し感度を落としてもいいんじゃないか言ってやったこともあったね。

Q:日本のサウンドエンジニアに何かメッセージがありますか。
A:Nicholls氏

とにかく、ぼくはオーディオテクニカのマイクが心底気に入っているし、オーディオテクニカに代わるようなマイクはないと思うね。これまでぼくはいろいろなメーカーのマイクを使ってきたけれど、オーディオテクニカが断然ベストだと思うし、TVのCMに出て、「世界で最高のマイク、それはオーディオテクニカ!」と言ってやりたいぐらいだということかな(笑)。

素敵なお話でした。お忙しい中、ありがとうございました。(T)

戻る

HOME イベント・ニュース 業務用音響機器