audio-technica
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器
Enent/News イベントレポート Back
SS05会場 8/13 sat 8/14 sun
4年目のスポンサードを迎えたサマーソニック'05で、マイク製品をはじめヘッドフォンなどすべてのサウンド面を強力にサポート!!

SUMMER SONIC '05公演レポート

国内屈指のクオリティを誇るフェスティバルをサポート

  8月13日、14日の2日間、東京・大阪で計166,000人の動員を記録したSUMMER SONIC'05。
早くも6回目を迎えるこの日本を代表する都市型ロックフェスですが、回を重ねるごとに規模もラインナップもパワーアップを重ねています。
  そのことにまず驚いてしまいますが、今年はこれまでで最高の合計7つのステージ(※東京会場SIDE-SHOW除く)が同時進行するというスケールの大きさ。
  セレクトされたアーティストの魅力に加え、会場内の飲食スペースや催しなど、場内をまるごと楽しめるフェスティバルとして、まさに国内フェスティバル・ナンバーワンのクオリティを誇っています。

  フェスティバルにおいて最も重要な音響について、がっちりサポートしているのがオーディオテクニカ。
昨年は、900本のマイク提供でしたが、今年はステージの増設に伴い、1,000本以上ものマイク製品提供となりました。

  2002年公演からのコラボレートとなるオーディオテクニカとSUMMER SONICですが、本年度は、ステージでのマイクロフォンの機材提供だけでなく、iPodブースでのヘッドフォンの提供や、クラブイベントでのDJブース内のヘッドフォンの提供なども行われました。

また、本年度の各ステージにおいては、9月から販売予定である、新製品のワイヤレスマイクAEW5000シリーズが大量投入されており、その性能に音響関係各所から絶賛の声をいただくことができました。

話題満載のオーディオテクニカブース

  幕張メッセ展示ホール5〜6には世界各国のメニューが用意されたワールドレストランが用意され、協賛ブースが軒を連ね、観客のくつろぎの場であり、様々なアトラクションやインフォメーションをゲットすることができます。音楽配信の新たな世紀を迎えた2005年の音楽事情から、エンドユーザーの音への関心は相当なものがありますが、そんな中、オーディオテクニカのブースは2日間終始にぎわいを見せていました。

“テクニカブルー”のビニールバッグのサンプリングや、アンケートが連日行われ、折りたたみができ携帯に便利なポータブルヘッドフォンATH-FC5を、期間中で合計100個をプレゼントするという大抽選会も開催。
  SUMMER SONICとオーディオテクニカとのコラボの歴史を綴ったパネルの展示や、話題沸騰中のヒューマンビートボクサーAFRAとの共同開発によるHUMAN BEAT BOX専用マイクの紹介、そしてサマソニのステージで主力となっているアーティストが実際に使用しているマイクの紹介などは、普段音楽ファンが気になっていてもなかなか実際に目の当たりにすることのないトピックだけに、みなさん興味津々。
  ヘッドフォンの試聴では、その掛け心地や体感度、デザイン、そしてもちろん音質といったポイントでチェックしていた模様。
  音へのこだわりが手軽に試してみることができる貴重なブースで、あらためてオーディオテクニカのノウハウそしてテクノロジーが、リスナーに求められていることを確認することができました。
Summer Sonic´05 全体TOP 1 2 3 Next »
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器