audio-technica
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器
Enent/News プレスリリース Back
CASIOPEA with Synchronized DNA のライブツアーでオーディオテクニカのマイクが大活躍!
アーティストインタビュー 神保 彰氏

個々の能力が段違い

 『SIGNAL』の演奏を終え、大拍手に包まれながら向谷がマイクを持つ。
「マラソンのようでした。最後のフレーズを演奏しているときは、国立競技場に戻ってきた高橋尚子選手の気分ですね」。
会場、大爆笑。
「メドレーが終わったところで、ちょっとしっとりとしたのを聴いてください」と言って「SOMBLERO」が始まる。野呂のアコースティック・ギターが聴けるレアな1曲。
続いて、ブラジリアン・テイストの「DAZZLING」を演奏し終わったところで、フロントの3人が舞台から退いた……。
 何が始まるの? そんな空気を切り裂くように、Synchronized DNAのソロ・パフォーマンス(そのシンクロぶりは“ソロ”と呼ぶにふさわしい)がスタート。
海外で“SAMURAI STICK”と評されたというスティックさばきを存分に披露。その神業的ドラミングに会場はしばし唖然。 絶妙のマイキングで、力強さと繊細さの双方を逃さず堪能できた。
3人が復帰し「STREET PERFORMER」を演奏後、またまたメンバーがはけていく。
 そして今度はベースの鳴瀬がソロ・パフォーマンスを開始。
激しいチョッパーはまさしくナルチョ節。そのドファンキーなグルーブに乗って、メンバーが1人ずつ紹介されステージへ。
鳴瀬のラップとコール&レスポンス、「ここはCLUBコウセイネンキン! みんな立てよ!」の煽りで観客も総立ちになる中、各メンバーが数小節ずつソロ・フレーズを奏でる。
うまい。うますぎる。本当にこのメンツは個々の能力が段違いに高い。
桁外れのテクニックを見せつけながら「FIGHTMAN」を一気に披露。圧倒される会場に向けて、最後の曲「ASAYAKE」が向谷からコールされた。
往年の名曲、そして永遠のスタンダードでもある同曲で、ライブはクライマックスを迎えた。

野呂 一生(guiter)

野呂 一生(guiter)

神保 彰(Synchronized DNA)

神保 彰(Synchronized DNA)

 

鳴り止まない拍手

 プログラムは終了。しかしアンコールを求めるオーディエンスの拍手は鳴り止まない。
  再びメンバーが登場し「GALACTIC FUNK」をプレイ。深々とおじぎをしてステージを後に。まだ足りないオーディエンスは拍手を止めない。
 みたびメンバーがステージへ。「HALLE」をプレイ。今度は5人が肩を組んで会場に頭を下げる 。そして舞台ソデへ。それでも拍手は鳴り止まない(!)。
 またまたメンバーが登場し「GOLDEN WAVES」をプレイ。
3度もアンコールなんて……見たことない。
演奏終了後、会場の照明が点灯し、ようやくオーディエンスも満足した様子。バンドとファンの強い結びつきを見せつけられた感じだ。
 それにしても、圧倒的なテクニックだった。
しかも、そのテクニックを音楽的に咀嚼し、最も気持ちのいい形で提示できるところが、このバンドのすごいところなんだと痛感させられた。
1979年のデビューから足かけ27年。
彼らの進化はまだまだ止まりそうにない。

則竹 裕之(Synchronized DNA)

則竹 裕之(Synchronized DNA)

 
 

PAGE TOPへ

HOME イベント・ニュース 業務用音響機器