audio-technica
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器
Enent/News プレスリリース Back
ヒューマン・ビートボックス専用マイク MAGIC STICK ライブでもそのポテンシャルをいかんなく発揮
Artist Profile AFRA &INCREDIBLE BEATBOX BAND
AFRA &INCREDIBLE BEATBOX BAND「ヒューマン・ビートボックスは確実に日本に広まっている」
 

 アルバム『I.B.B.』で、国内外から高い評価を得たAFRA & INCREDIBLE BEATBOX BAND。
20年以上前にヒップホップの本場ニューヨークで生まれたヒューマン・ビートボックスも、今や日本でも完全に定着したが、彼らはその立役者と言って間違いないだろう。全国6カ所を回ったアルバムのリリース・ツアーでも、土地土地で熱い盛り上がりを見せたという。 そしてこの日、ツアー・ファイナルとなる東京公演を迎えた。
 アルバムのレコーディングとツアーには、彼ら自身も開発に参画したオーディオテクニカのヒューマン・ビートボックス専用マイク、MAGIC STICKが全面的に大活躍。この日は、各地のライブ・パフォーマンスを支えてきたMAGIC STICKにとっても凱旋ライブだったのである。

序盤から個性豊かなメンツが目白押し

 AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BANDのアルバム・リリース・ツアーではあるが、この日はいろんなアーティストが出演するパーティ仕立て。
ライブ・タイムは、赤いチェックの衣装に身をまとったZEN-LA-ROCKの登場で幕を開けた。
痩身長身で怪しいオーラを放ちまくり。エレクトロのトラックでラップし、「手を挙げてくれー!!!」と客を煽る。もう、この時点でフロアは相当過熱気味。

  2番手はfrom横浜のクルー、サイプレス上野とロベルト吉野。
その、ユニークかつ絶対に忘れられないルックスと、エンタテインメントされた演劇のようなステージングには、フロア後方に陣取っていた外国人客たちも大ウケ!

  続いて、ゲストとして招かれたオールド・スクーラー、脱線3が登場。
さすがの風格でテンポ良くラップを披露し、後半はラップそっちのけでネタ・レコードをかけまくるという、さすが関西という感じの爆笑ステージを見せてくれた。

  そして、AFRA & INCREDIBLE BEATBOX BANDのレーベル・メイト、TUCKERが登場。
ターンテーブル、ベース、ギター、ドラム、そしてもちろんエレクトーンを自在に操り、オルタナティブなステージを披露。唯一無二のパフォーマンスで絶対的な存在感を見せつけた。

ヒューマン・ビートボックス専用マイク”MAGIC STICK”ことMGS129

ヒューマン・ビートボックス専用マイク”MAGIC STICK”ことMGS129

 
ZEN-LA-ROCK

ZEN-LA-ROCK

サイプレス上野とロベルト吉野

サイプレス上野とロベルト吉野

脱線3

脱線3

TUCKER

TUCKER

 

PAGE TOPへ

HOME イベント・ニュース 業務用音響機器