audio-technica
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器
Enent/News イベントレポート Back
Live Report | Top | 8.11 sat | 8.12 sun |
Live Report top 2007.8.11 sat 2007.8.12 sun
INTERPOL
朝から強烈な陽射しが照りつける中、8回目のSUMMER SONIC開幕! DANCE STAGEのDOPING PANDA、ISLAND STAGEのGREAT ADVENTUREと邦楽陣が気合いを見せる中、MARINE STAGEではTHE PIPETTESの女性ヴォーカル3人衆がスウィートなコーラスを聴かせている。そしてMOUNTAIN STAGEには、謎の顔面ペイント打楽器集団=BLUE MAN GROUPが登場。管を繋いだり伸縮させたりして音程をとるオリジナル・パーカッションを駆使して図太いグルーヴを叩き出している。彼らのサウンドの迫力をヴィヴィッドにオーディエンスに伝えているのは、オーディオテクニカのマイク。そのグルーヴを最大限に活かしたサウンド・メイキングを行なっていたFOHエンジニア=マット・コーニグ氏はこう語る。

ATM25は特大ドラムの前にセットして使ってみましたが、とてもうまくいきましたね。
マット・コーニグ氏インタビューへ >
pr_jp57_iv_0101.html

“Rich G 3人はドリフのコントのような場面で笑いを誘いながらも、バンド・メンバーとバッチリ息の合ったプレイを披露。最後の曲ではなんとゲスト・ヴォーカルに倖田來未が登場、「行くで、サマーソニック!」と2日間の祝祭の始まりを大いに煽っていた。

他のステージから少し遅れてスタートしたSONIC STAGEには、北欧のイケメン4人組=120DAYSが登場、どこかマッドチェスターにも通じる人力トランシーな音空間を作り出していた。その後はUK発ガールズ・ガレージ=THE LONG BLONDES、黒ずくめ細身ゴスな佇まいから謎めいたロックを繰り出す5人組=THE HORRORSへと続いていく。

正午を過ぎた頃、灼熱のMARINE STAGEをさらにヒート・アップさせたのは、今やUKポスト・パンク代表格に成長したEDITORS。真面目で真っ向勝負なモードで大きな拍手を浴びていた。そして続いては、今回のラインナップの中でもとりわけ異彩と存在感を放っていたB’z。比較的最近の曲でハード・ロック・バンドとしてのB’zをアピールしつつ、キラー・チューン“ULTRA SOUL”で客席を巻き込むことも忘れなかった。

灼熱の東京会場に響く、INTERPOLのクールでエモーショナルな音楽

SONIC STAGEにはUKパンクの生ける至宝THE STRANGLERSが登場して思いっきりフロアを沸かせていたが、その後に登場したINTERPOLがその熱気をクールかつエモーショナルな音世界へと導いてみせた。ピアノをフィーチャーした静謐なイントロから激しいバンド・サウンドのパートまで振れ幅の広いサウンドを鳴らす彼らも、オーディオテクニカのマイクを使用。 FOHエンジニアであるハーレー・ジンカー氏が、そのマイクの特性と音作りについて語ってくれた。

AE2500だけで全てのライブの収音ができると思いますよ。
ハーレー・ジンカー氏インタビューへ >
pr_jp57_iv_0101.html

“Pioneer To The Falls”など発売直後の新作からの曲も積極的に織り込みながら、終始ストイックにライヴを組み立てていくINTERPOL。その真摯なサウンドには、00年代のNYロック代表選手としての圧倒的な存在感が備わっていた。

邦楽アーティストがしのぎを削るISLAND STAGEには、今や日本を代表する女性R&BシンガーとなったAIが登場。SUMMER SONIC 05からオーディオテクニカのワイヤレス・システムARTIST ELITE 5000シリーズのAEW-T3300を使用しているという彼女。“I Wanna Know”などの曲で「サマーソニック、暑いね!」とぐいぐいフロアをアゲながらも、「今日は新曲やります。ただの新曲じゃなくて、新・新・新曲!」と、レコーディングしたばかりという新曲“I’ll Remember You”を聴かせるサービス精神を発揮したり、ゲスト=AFRAのヴォイス・パーカッションとラップでバトルを繰り広げたり、と終始アグレッシヴなステージを見せていた。

B’zの後はTHE GOO GOO DOLLS、木村カエラと異色のバトンパスとなったMARINE STAGE。そろそろ17時という頃にステージに現れたのはGWEN STEFANI。あたかも新世代のマドンナであるかのように、ヘソ出しスタイルでステージ狭しと歌い踊りながらスタジアムを煽る彼女。そのアクティヴなステージングを支えていたのは、オーディオテクニカのワイヤレスマイクだ。 彼女のFOHエンジニアを務めるミッシェル・サボルチック氏は、その特徴を次のように語っている。

AEW-T6100はタイトな指向性でリジェクションが良いので、Gwenにとってハウリングしない理想的なマイクロホン。
ミッシェル・サボルチック氏インタビューへ >
pr_jp57_iv_0101.html

“Rich Girl”“Cool”などの曲で時に激しく、ときに妖しくフロアを揺らしてみせた彼女。真っ赤なリップの映える色白な顔を汗で濡らしながら「ドモアリガトー!」とオーディエンスに応える。その表情からも大きな満足感が窺えた。

同じ頃、SONIC STAGEではDINOSAUR Jr.が耳をつんざく爆音ギターを響かせていたかと思うと、DANCE STAGEではLCD SOUNDSYSTEMが超満員の盛況ぶりを見せていた。そして、MOUNTAIN STAGEにはFALL OUT BOYが登場! 2ホールぶち抜きのMOUNTAIN STAGEいっぱいに集まった人たちが、“ARM’S RACE”のような最新作の曲からマイケル・ジャクソンの“Beat It”のカヴァーまで拳を突き上げ興奮度MAX状態に。エモのカテゴリーを超越した最前線のバンドの勢いをまざまざと見せつけていた。
THE STRANGLERS
AI
SEAMO
SUM41
SUGAR RAY
MAXIMO PARK

AVRIL LAVIGNE/BLACK EYED PEASで盛り上がる祝祭モード

夕暮れ迫るMARINE STAGEに現れたのはAVRIL LAVIGNE。いきなり「ヘイ! ヘイ! ユー! ユー!」と大ヒット曲“Girl Friend”でスタジアムを驚きと歓喜で揺さぶってみせた。が、成り行き任せのお祭りモードというよりは、世界的ロック・アイドルとなった自分をしっかり見据えて世界観を組み立てる、といった感じのメニューだった。

続いてSONIC STAGEでは、元スミスのジョニー・マーを迎え、ポスト・ロックの雄から全米の覇者へと生まれ変わったMODEST MOUSEが快活なサウンドを聴かせている。そして、MOUNTAIN STAGEにはELLEGARDENが登場! エモーションの洪水のような激しいロック・サウンドで日本代表級の熱狂を生んでいる。「今日も最高の1日にして、明日も最高の1日にして、いい夏にしていこうな!」という真っ直ぐなセリフも、オーディエンスは真っ向から受け止めて歓声で応える。1日目のクライマックスへ向け、いよいよ東京会場は昼間とは違った熱を帯びてきつつある。潮風吹き抜けるBEACH STAGEで1日目を締め括ったのはSUGAR RAY。アコースティック・サウンドからヘヴィー・ロック、スクラッチまで自在に操るミクスチャー・サウンドにクイーンの“We Will Rock You”まで持ち出す反則っぷりで浜辺の夜を盛り上げていた。
MARINE STAGEの1日目ヘッドライナーはBLACK EYED PEAS! 時にハードに、時に芝居がかったパフォーマンスで満員のスタジアムを熱くしていく。とにかく歌詞1つ1つのキレとパンチがとんでもない威力を持っているし、ソロ活動を経て大きな自信を獲得したファーギーのパワーが倍増している。
一方、SONIC STAGEのラストを飾るのはTRAVIS。“ロッキーのテーマ”のSEとともに登場した瞬間に入場規制が敷かれたほどの盛況の中、“AS YOU ARE”“MY EYES”などでじっくりとオーディエンスを沸かせ、“CLOSER”で最新モードのTRAVISをアピールしてみせる試合巧者ぶり。DANCE STAGEではMAXIMO PARKが、ISLAND STAGEではRIZEがそれぞれのステージを熱く締め括った。
そして、MXPX/FALL OUT BOY/ELLEGARDENと盛り上がってきたMOUNTAIN STAGEのトリを飾ったのは、SUM41! オーディオテクニカのユーザーでもある彼ら。最新作の曲“Underclass Hero”で勢いよく口火を切ると、“We're All To Blame”のソリッド&ヘヴィーなサウンドを巨大な空間を切り裂くように叩きつける。そのパワフルなプレイを支えているFOHエンジニア=ジョン・カーンズ氏は、SUM41の音楽とサウンドの聴かせ方についてこう話す。

audio-technicaのマイクは一貫性があって音が良いから選びました。
ジョン・カーンズ氏インタビューへ >
pr_jp57_iv_0101.html

Vo・Gのデリックは「Do you wanna sing with me?」「My punk spirit...I feel you, do you feel me?」といった熱血コール&レスポンスから「ドンダケー!」といったオトボケMCまで次々に繰り出して、涼しくなりかけたメッセを再び揺らす! 定番ナンバー“Over My Head(Better Off Dead)”でこの日のピーク・ポイントを刻んだかと思うと「大統領は死んだ!」というMCとともに“March Of The Dogs”をドロップしたり……と、メッセージ・ミュージックとしてのパンクの核心を再確認しつつ、初期の曲も織り交ぜることで自らのキャリアをも横断検索するような内容だった。実に6万人を動員したSUMMER SONIC東京会場・1日目は、こうして幕を閉じた。

8.12 sun →
SUM41
Live Report | Top | 8.11 sat | 8.12 sun |
ページのTopへ↑
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器