audio-technica
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器
Enent/News イベントレポート Back
Live Report | Top | 8.11 sat | 8.12 sun |
Live Report top 2007.8.11 sat 2007.8.12 sun
| Interview01 | Interview02 |


— 経験の浅いエンジニアがやってしまう問題とはなんでしょうか?

MS: ちゃんと利得の構造を理解していないことは大きな問題ですね。音量が大きいことがいいことだと考えているエンジニアがたくさんいます。彼らはできる限り音量を大きくしますが、利得の構造については全く理解していないので、システムを圧迫させてしまいます。あるいは、その音量は大きすぎるのでただの苦痛でしかありません。ライブでは苦痛を感じさせることなしに音量を大きく感じさせるのが正しいのです。
経験の浅い多くのエンジニアが持っている別の問題は、実際に使ったことがない、あるいはあまり知識がない機材で、実際に出せるスペック以上のことをやってしまおうとすることです。彼らは新しいものは何でも最高だと思っていて、その最高の機材を使っていることで自分がすごいエンジニアになったつもりでいます。彼らはそういうことができる立場なので新しい機材を頼みます。機材がそこにあるのはいいのですが、大抵の場合は何をしていいのかが分からないのです。

 
— 主に男性の仕事であるこの業界で女性が仕事を始めるにあたってのアドバイスはありますか?

MS:  自分のことを信じ、そしてとても頑丈でなければなりません。それは男性にも言えることです。とても極端なライフスタイルになり得ます。ツアーの仕事をしたいという女性たちは「誰も私を雇ってくれないのよ、だって私は女だもの」とよく言っていますが、そんなことを言っている限りライブの仕事は見つかりません。私は自分が女だからといって問題があったことは一度もありません。私は本当に一生懸命仕事をしているので周りの人もそのことに気付いてくれています。多分私はラッキーだったのかもしれないし、多分それが私の性格かも知れませんが、誰かが私にはそれができない、と言った時にはいつでも逆にもっとそれをやりたくなります。最初の頃は自分ができることを何度も何度も証明しなければなりませんでした。自分自身を信じなければならないのです。私にとって、あるべき答えを見つけることができないと思っていましたし、いつでも自分のやりたいことをやってきました。私に門戸を開いてくれた人も何人かいましたし、自分でドアを蹴破らなければならないこともありましたが、今こうしてここに自分がいます。

 
— 結局あなたはアメリカでも最大規模のツアーで仕事をするようになったわけですね!ところで、ツアーでの生活はお好きですか?

MS:  好きですね。私はかれこれ15年間ツアー生活をしていましたので、もし嫌いだったらこんなには続かなかったでしょうね。

— あなたの仕事で一番好きな部分は何ですか?

MS: ツアーについては仲間同士のつながりが好きです。ツアーが始まるときは常にその集団には知らない人たちがいるものですが、何週間かすると家族同然になります。好き嫌いに関わらず、こういった人たちとの絆が深くなります。
自分の仕事については、この仕事の創造的な部分が好きです。いわばバンドのメンバーの延長のようなものです。バンドの音楽を表現しているのですから。基本的にはバンドの出したい音を作り出すという責任があります。アーチストによっては何が欲しいのかを分かっていますが、もっと自由にさせてくれる場合もあります。ライブにおいては確実に積極的な部分を受け持っていて、原動力の一部なのです。

Indigo Girlsとはどのようにして関わるようになったのですか?

MS:  1994年にバンドと短いツアーを行ない、FOHエンジニア/システム・テックとして仕事をしました。その数年後にSpin Doctorsとのツアーが終わりかけているときに、私は新しい仕事を探していましたが、94年のツアーでIndigo Girlsのプロダクション・マネージャーをしていた人物がバンドの事務所から連絡を受け、FOHエンジニアを探していると教えてくれたのです。私はこのバンドとは8年間仕事をしました。

お教えいただけるマイクロホンのセッティングについてのヒントなどはありますか?

MS:  特別なことは何もありません。とても標準的なものです。私にとって、質素な方がやりやすいですね。もし今回のライブが通常のツアーのセットアップであるならば、とてもベーシックなものです。たくさんのものを追加すればするほど間違った方向へ行ってしまいがちなので、私にはそんなに多くのヒントや特殊な方法は全くありません。なので私はできる限りシンプルにしています。正しいツールを見つけ、正しいマイクロホンを見つけ、そしてそれを使う。

 
全く必要最低限のものしか使わないということですね?

MS:  そのとおりです。コンプレッサーに関してはたくさん使用していますが、取り立てて特別なものではありません。Empirical Labs社のディストレッサーをGwenのボーカルとベース用に2台使用していますが、おそらくそれが一番高価なものです。

ありがとうございました。

(訳:国際営業部 木村英樹)

←前のページ
Live Report | Top | 8.11 sat | 8.12 sun |
ページのTopへ↑
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器