audio-technica
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器
Enent/News イベントレポート Back
| top | Live Report |
日本最大・超重量級メタル/ハードコア・フェス、 2年目も大成功! 世界中の新鋭・古豪バンドが激突した 圧巻の2日間を、audio-technicaがサポート!
 オール・ジャンル型の都市型ロック・フェス「SUMMER SONIC」をはじめとする真夏のロック・フェスのみならず、ジャンル限定型のフェス「PUNKSPRING」(パンク系)、「Springroove」(R&B/ヒップホップetc)がいずれも成功を収めているというのを見ていただければ、今や日本のロック・フェスが一時的なブームではなく1つの文化として定着しているのは明らかだ。
 そんなジャンル型フェスの中でもひときわ独特の存在感を放っているのが、メタル/ハードコア系専門の音楽フェスとして昨年10月にスタートした「LOUD PARK」である。MEGADETH、SLAYER、ANTHRAX、DIOという80年代ヘヴィ・メタルの重鎮に加え、KILLSWITCH ENGAGE、CHILDREN OF BODOMなどハードコア界を代表する精鋭が勢揃いするという豪華なラインナップで、幕張メッセに2日間で延べ2万9千人を動員するという盛況ぶりを見せた。
 そして今年、「LOUD PARK」は「PUNKSPRING/SPRINGROOVE」と同様、東京/大阪2会場開催のフェスとして実施された。それぞれの会場と開催日程、出演アーティストは以下の通りである。
■ 東京会場:10月20日(土)、21日(日)@さいたまスーパーアリーナ
10月20日(土)   10月21日(日)
[ BIG ROCK STAGE ]   [ BIG ROCK STAGE ]
HEAVEN AND HELL   ARCH ENEMY
TRIVIUM   SAXON
NOCTURNAL RITES   TESLA
NILE   WIG WAM
STILL REMAINS   ANTHEM
OUTRAGE   ALL THAT REMAINS
[ ULTIMATE STAGE ]   [ ULTIMATE STAGE ]
BRIND GUARDIAN   MARILYN MANSON
MACHINE HEAD   HANOI ROCKS
AS I LAY DYING   SATYRICON
FASTWAY   LACUNA COIL
THERION   ANDRE MATOS
CELLADOR   AMORPHIS
■ 大阪会場:10月22日(月)、23日(火)@Zepp Osaka
10月22日(月)   10月23日(火)
ARCH ENEMY   HEAVEN AND HELL
SAXON   MARILYN MANSON
ANDRE MATOS   NILE
opening act:GNz-WORD   opening act:松本和之(Janne Da Arc)
「スラッシュ・メタル四天王のうち3バンドが集結!」といった昨年のような派手な話題性こそないものの、LOUD PARK 06にも参加したDIOが今回はHEAVEN AND HELL(DIO在籍時のBLACK SABBATH)名義で参戦したほか、世界のシーンをかき回し続けるロック突然変異種=MARILYN MANSON、80sハード・ロックの大輪=HANOI ROCKSなどが2年目のLOUD PARKに広がりを与え、ARCH ENEMY、TRIVIUMなどヘヴィ・メタル/ハードコア次世代を担うアーティストが「今」のロック・イベントとしてのエッジを感じさせていた。
 マイク/オーディオ機器メーカーaudio-techincaは2002年からSUMMER SONICのオフィシャル・スポンサーとして全面協力しつつ、「Punkspring」「Springroove」のような新たなフェス・ムーヴメントに対してもスポンサードを行なってきている。もちろん、それは「LOUD PARK」に関しても同様である。今年で2回目の開催となったLOUD PARKを、東京会場=さいたまスーパーアリーナの2日間の模様を通してレポートしていくことにする。
 
さいたまスーパーアリーナ
 
Zepp Osaka
 
| top | Live Report |
ページのTopへ↑ 次のページ→
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器