JP.PRESS RELEASE
Artist ProfileJUJU(ジュジュ)
BIOGRAPHY
AI

12歳の頃よりジャズ・シンガーを志し、京都にて音楽活動を重ね、18歳で単身渡米。ニューヨークにて、著名ジャズ・ミュージシャンとのライブを重ね、ジャズはもとより、ヒップホップ/R&B、ソウル、ラテン、ハウスといったニューヨーク・サウンドを咀嚼して生み出す独自性を確立。その活動がストリートでの噂となり2001年よりフィーチャリング等で参加した作品は、10作品を数える。また、その間、窪塚洋介主演映画「凶気の桜」の主題歌を提供。そして、フィーチャリング作品を発表した直後から日本国内のほぼ全てのメジャー・レーベルよりデビューのオファーを受けたが、自らの音楽性の追求のため、焦ることなく更に2年近くニューヨークにて自らの活動のみを継続した。
そして満を持して2004年8月25日にシングル曲「光の中へ」でデビュー。圧倒的な歌唱力で、FMラジオ局にて話題に。さらに2004年11月に2ndシングル「Cravin'」をリリース。エッジフルなファンクグルーヴは、女性ヴォーカルシーンの中で異彩を放った。2005年3月には、綾瀬はるか、石原さとみ、小雪らがキャスティングされた映画「Jam Films S」の主題歌に「Come,Fly With Me」が抜擢される。また同年、ニューヨークでの音楽制作活動に平行して、日本でのライブ活動もスタート。2005年7月には、目黒ブルース・アレイ・ジャパンにて日本での初ライブを行ない、大喝采を浴びた。

 

そして、2006年11月、約2年ぶりとなるシングル「奇跡を望むなら...」をリリース。異例のロングヒットとなったこの楽曲は2007年1月17日にUSEN総合チャートにて1位を獲得。その後もUSEN総合チャートに22週連続チャートインを記録し、2007年度上半期USEN総合チャートランキングにて1位を獲得。またPC楽曲配信サイト、moraにて4月24、25日に楽曲配信ランキング1位を獲得した。2007年6月、1stミニ・アルバム「Open Your Heart 〜素顔のままで〜」をリリース、オリコンデイリーチャート最高位9位を記録。その勢いを加速させ、2007年10月10日(ジュジュの日)に1stフル・アルバム「Wonderful Life」をリリースし、オリコン・ウィークリー・チャート初登場13位を記録。さらには2007年12月にダブルAサイド・シングル「Wish for snow /奇跡を望むなら... Xmas story」をリリース。
 2008年2月29日に東京国際フォーラム・ホールCから「Wonderful Life TOUR」をスタート。ツアー終了後の4月23日にはニュー・シングル「どんなに遠くても...」のリリースが控えており、更なる活躍が期待されている。

CLOSE