audio-technica
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器
Enent/News イベントレポート Back
Live Report | Top | 8.9 sat | 8.10 sun |
Live Report top 2008.8.9 sat 2008.8.10 sat
 1日目、快晴! 11時の開演を待ちきれない!とばかりに、各ステージで行なわれている邦楽勢のオープニング・アクトには早くから多くの人が詰めかけている。特にMOUNTAIN STAGEに登場した新世代エモ/パンクの代表格=GLORY HILL、SONIC STAGEの陽性ダンス・ロック異端児バンド=the chef cooks meは、日本のロックの新しい可能性を感じさせてくれるアグレッシヴなステージを見せていた。

 そして11:00、いよいよSUMMER SONIC 08開幕! メッセのMOUNTAIN STAGEでは、パンクもファンクもロックンロールもポップなメロディで輝かせるTHE METROSが口火を切ると、ニューウェーヴとパンクを消化した硬派なビートでオーディエンスを揺らしたBEAT UNION、展開の激しいポップ・パンク・アンサンブルと「ニホンサイコー!」の絶叫で熱い歓声を呼んだKIDS IN GLASS HOUSES……といったUK新人勢が立て続けに登場。
UK新人のフレッシュな音が炸裂! そしてPerfume入場規制!

 11:10にはMARINE STAGEも開演! こちらもまずはUK若手攻勢からスタート。男女混合7人編成のLOS CAMPESINOS!が弾けるようなポップ・サウンドに負けず劣らずステージからはみ出さんばかりのド派手なパフォーマンスでスタジアムを熱狂させると、昨年ここに登場した元THE PIPETTESのドラマーであるJOE LEANが新たに結成したJOE LEAN AND THE JING JANG JONGが鮮やかなまでのロックンロールでオーディエンスを酔わせてみせる。さらに、USコロラド出身の5人組=ONEREPUBRICが、オルタナティヴ色の強いアメリカン・ロックでMARINE STAGEを呑み込むようなスケールのサウンドを響かせていた。

 11:30、SONIC STAGEの先陣を切ったバンドは、弱冠19歳のUK発の4人組=THESE NEW PURITANS。JOY DIVISIONにも通じるダークな匂いをタイトなビートとともに強く発散し、メッセのキッズをいきなりディープなロックの迷宮へと誘っていた。続いて、男ドラム/女ギターという逆ホワイト・ストライプス編成のUK2人組=BLOOD RED SHOESがキュートさと背徳感の入り交じったようなロックンロールを鳴らし、SUB POPレーベル発のUS新星=BAND OF HORSESが、エモーショナルな歌メロとゴリゴリのサウンドが織り成す目映い白昼夢のような時間を刻み……と、SONIC STAGEは1日目前半にして早くも異種格闘技戦の様相を呈している。

 そして12:30。DANCE STAGEはいきなり入場規制の超満員! 21世紀の日本に降り立った新型ダンス・ポップ・アイドル・ユニット=Perfumeの登場だ。「ここから見るとほんとすごいんよ!」と広島弁のMCを交えながら、“チョコレイト・ディスコ”などの代表曲でメッセを揺らしていた。さらに、フレンチ・ポップ・シンガー=YELLEがキュートな歌を聴かせつつ、ディスコ・ビートに乗せてヘッドバンギングしたり太鼓を叩いたりといったハイテンションなパフォーマンスでフロアを盛り上げたかと思うと、続くNYの女性ラッパー=SANTOGOLDがダブ/レゲエ/ヒップホップなどを駆使した濃厚なグルーヴでオーディエンスを腰から揺らし……と、DANCE STAGEにはフィメール・アーティストたちの多彩な才能が咲き乱れていた。

 その頃、ISLAND STAGEにはいとうせいこう&ポメラニアンズが登場。“なんまいDUB”などユーモア満載のダブ/レゲエ・ナンバーを真夏の号砲のように熱唱していた。また、BEACH STAGEではレゲエ・シーンの急先鋒的女性シンガー=Metisが、「今日1日は不平不満を言わずに、がっつり幸せを感じて帰りましょう!」とビーチのオーディエンスを煽ったり、“梅は咲いたか 桜はまだかいな”の歌詞を《サマーソニックに桜は咲くのさ》とアレンジして歓声を誘ったりしていた。そのひりひり熱いハスキーな歌声が、audio-technicaのワイヤレス・マイク「AEW-T6100」を通して観客を震わせ、抜けるような青空へと広がっていった。シドニー生まれの28歳オーハド・レインことOLD MAN RIVERは、シタール奏者の女性ヴォーカル含め5人編成でBEACH STAGEに登場。「ウタテクダサイ!」「カントリー! カウボーイ! カウガール! ィヤーオゥ!」と陽気にみんなに呼びかけつつ、レイド・バックした独特のポップ・ワールドを展開していた。

SANTOGOLD
Metis
ステージで、ブースで、audio-technica製品が大活躍

 午後になり、飲食エリアや各種イベント・ステージが大変な賑わいを見せ始めているメッセ。その中でひときわ存在感を放っていたのが、audio-technicaのPRブース。カー・オーディオのセットやヘッドホンなど新商品試聴コーナーには、サウンド・クオリティにこだわる多数のロック・ファンが集まっていた。同ブースでは他にもタオルやキャップなど夏フェス・キットが当たる抽選会が行なわれ、2日間通してサマソニ・オーディエンスたちが後を絶たなかった。

ZEBRAHEAD
NEW FOUND GLORY
CAJUN DANCE PARTY
 14:20、MOUNTAIN STAGEにはUKロックの蒼い彗星=THE SUBWAYSが登場! 3年前にはデビュー間もないルーキーとしてサマソニに参戦した彼らが堂々の凱旋。冒頭の“Kalifornia”から“Oh Yeah”“Alright”などを経て“Rock & Roll Queen”に至る盤石のセットリストで、スタジアムのオーディエンスを歓喜で包んでいった。そんなTHE SUBWAYSの爽やかな後味を、パンク・ミクスチャー最終兵器、ZEBRAHEADが逞しい轟音で押し流し、ジャンプと手拍子の嵐を巻き起こしていった。今年発売したばかりのニュー・アルバムでは60年代風サウンドに大きくシフトしたPANIC AT THE DISCOは、その佇まいから音の手触りまであたかもビートルズやストーンズの時代から抜け出て来たようだった。が、その古めかしいオルガン・サウンドや極彩色コーラスでもって奏でる楽曲は不思議と「今、ここ」のポップ感に満ちている。

 14:15、メッセのMOUNTAIN STAGEにはNEW FOUND GLORYの姿が。audio-technicaのワイヤレス・マイク「AEW-T6100」を握りしめて絶唱するジョーダン! 「AE3000」マイクがダイレクトに伝えるチャド&スティーヴのソリッドでハード・エッジなギター! 「AE2500」マイクがつぶさに拾うパワフルなドラム・サウンド! 猛スピードで突進する重戦車のような勢いを感じさせる、USパンクの究極形のようなステージを展開していた。IRON MAIDENやMETALLICAなど大御所のツアー・サポートも務めるUSメタル新星=TRIVIUMが圧巻の爆音を叩きつけ、3年連続出場のマキシマム ザ ホルモンは今や日本代表級の貫禄とサウンドの破壊力をアピールしていた。

 THE KILLSは残念ながら機材トラブルで演奏中止になってしまったが、その前のCAJUN DANCE PARTYはSONIC STAGEを満員にする人気ぶりと、その人気を軽く凌駕するエンターテイナーぶりを存分に見せつけていた。「アツイデス……」と挨拶してフロアを沸かせたDEATH CAB FOR CUTIEは、目眩がするほどの濃密な音響からビート感あふれるギター・ポップまで自在に行き来しながら、USインディー・ロックの奥深さとタフさをそのサウンドの端々から滲ませていた。
 15:25、DANCE STAGEではUK発3ピース・バンド=WE SMOKE FAGSが、パンクとエレクトロが混然一体となった音空間を作り出している。メンバー名がすべて非公開という謎めいたプロフィールのUKバンド=SOUTH CENTRALは、DJにショルダー・キーボードまで擁した異色のバンド編成で、「闇と神秘のダンス・ロック」あるいは「シンセ音飛び交うATARI TEENAGE RIOT」とでも言うべきアクトでオーディエンスを揺らしまくる。UKポスト・パンク最新鋭バンド=FRIENDLY FIRESは、3人編成のソリッドなアンサンブルでもってダンスとロックの共犯関係を見事に描ききっていた。
いよいよTHE VERVEが! そしてTHE PRODIGYが!

 1日目もいよいよ終盤戦へと突入。MOUNTAIN STAGEには昨年フジ・ロックにも出演したLOSTPROPHETSが登場! UKヘヴィ・エモ最新型のサウンドが、巨大な空間を熱く満たしていく。「トーキョー! アイシテマース!」というイアン(Vo)の絶叫にも大歓声! そして、UKのみならず世界のパンク・ゴッド、再結成SEX PISTOLSがここ幕張メッセに降臨! 「オー、ユー・シャイ・ボーイズ&ガールズ!」と意気揚々とフロアを煽りながら、“God Save The Queen”や“Anarchy In The UK”など誰もが知っているパンク・アンセムを熱演。ロックの「歴史」と「今」が交差した瞬間だった。

 SONIC STAGEには、昨年MARINEを揺らしたUKグラスゴーの精鋭=THE FRATELLISが登場。古き佳き時代のポップ感と00年代のクールな響きを混ぜ合わせた音のマーブル模様に、誰もが心地好いダンスの世界へと誘われていく。そして、1日目SONICのトリを飾るのはモッズ・ファーザー、PAUL WELLER! “22 Dreams”など新作アルバムの楽曲でアグレッシヴに攻めまくる御大、その生き様そのもののような熱くひりひりした歌声が、オーディエンス1人1人の魂を揺さぶるように鳴り響いている。

 DANCE STAGE終盤戦、まずはUKエレクトロ・ポップ5人組=HOT CHIP! 時に鍵盤4人+ギターといった変則編成もとりながら、ローファイでユーモラスなテクノ/エレポップ・サウンドを発散していく。デュワ、デュワ、デュワ、ヤー!のコール&レスポンスにも大歓声! そして最後はオーストラリアのドラムンベース5人衆、PENDULUMが登場。ハードなビートと素っ頓狂なシンセがロック異次元への扉を開いていくような不思議なサウンドスケープを、オーディエンスも力いっぱいのダンスでもって楽しみきろうとしていたのが印象的だった。

 BEACH STAGEではラスト2組=ADELE/ALBERT HAMMOND Jr.が出演キャンセルとなり、代わりにTHE DEAD TREESとSCOTT MURPHYが参戦! THE STROKESのマネージャーが発掘した逸材=THE DEAD TREESは、ビーチの環境にふさわしいゆったりしたサーフ・ロックっぽいサウンドから高波のようなロックンロールまで幅広く聴かせながら、暮れゆく空を彩っていた。そして、日本語カバー・アルバムで今やすっかり時の人となったALLiSTERのSCOTT MURPHYは、「こないだ槇原敬之さんに会って。僕がアレンジしたヴァージョンをすごく気に入ってくれてるんだ」と言って“どんなときも。”のパンク・アレンジなどで砂浜の夜を盛り上げていた。

 一方、ISLAND STAGEを盛り上げていたのはthe pillows。結成からもうすぐ20年というキャリアならではのタフなロック・アンサンブルと、「もうすぐ20年」をまるで感じさせないポップで瑞々しい楽曲。「俺なんて10時半から会場に入ってるからね! LOS CAMPESINOS!観て、Perfume観て、SUBWAYS観た」とすっかりサマソニを堪能している風なMCでフロアを沸かせつつ、audio-technica「AE」シリーズのマイクから繰り出されるヴォーカルとハーモニーが初日の夕暮れ時を鮮やかに彩っていた。

 そして……MARINE STAGEには再結成THE VERVEが登場! リチャード・アシュクロフトの歌声に湧き起こる大合唱! “Bittersweet Symphony”のストリングス・サウンドは、この日会場に集まったロック・ファンすべてを祝福するかのように気高く、強く、スタジアムの夜空に響き渡った。この日のファイナリストはTHE PRODIGY! マキシムがフロアに飛び降りて柵前に飛び出して高揚感をいやが上にも煽るなど、ダンス・ビートよりは完全にロック・モード剥き出しでスタジアムいっぱいのオーディエンスに挑みかかっていって……1日目が終了。全方位的/全世代的に無敵なブッキングによってロック・シーンの今を完全網羅するSUMMER SONIC、その真髄のようなラインナップとステージだった。

the pillows
Live Report | Top | 8.9 sat | 8.10 sun |
ページのTopへ↑
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器