audio-technica
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器
Enent/News イベントレポート Back
Live Report | Top | 8.7 fri | 8.8 sat | 8.9 sun |
Live Report top 2009.8.7 fri 2009.8.8 sat 2009.8.9 sun
今や日本最大規模の動員を誇る都市型ロック・フェスティバル、「SUMMER SONIC」。2000年に富士急コニファーフォレストで産声を上げたこの「SUMMER SONIC」は、翌年には「幕張/大阪の2ヵ所同時開催、1日ごとに出演者総入れかえ」という画期的なシステムを導入。ヘヴィ・ロック系からダンス・ロック、シーン期待の若手から大物復活バンドまでを一同に揃える強力なアーティスト・ラインナップによって着実にロック・ファンの認知と支持を集めてきた。

ロック・シーンの隆盛と密にリンクする、10年間のヘッドライナーたち

JON SPENCER BLUES EXPLOSION/GREEN DAYを各日ヘッドライナーに迎えた2000年の第1回SUMMER SONIC。それからBECK/MARILYN MANSON(2001年)、GUNS N' ROSES/THE OFFSPRING(2002年)、BLUR/RADIOHEAD(2003年)、GREEN DAY/BEASTIE BOYS(2004年)、NINE INCH NAILS/OASIS(2005年)、METALLICA/LINKIN PARK(2006年)、BLACK EYED PEAS/ARCTIC MONKEYS(2007年)、THE VERVE/COLDPLAY(2008年)……と、それぞれの年のヘッドライナーを列記するだけでも、この10年間のロック・シーンの隆盛をヴィヴィッドに思い出すことができるし、それら1つ1つのアクトが伝説級のインパクトをもってオーディエンスを魅了してきた。
一昨年には2会場の総動員数が19万人を突破する規模に成長した「SUMMER SONIC」。10周年を迎える今年、ついにサマソニ史上初、そして日本の夏フェス史上初の「2会場×3日間」の開催が実現!

それと同時に、audio-technicaがマイクロホンの提供をはじめとしてさまざまな形で行なってきた「SUMMER SONIC」へのサポートも、2002年以降今年で実に8回目となる。記念すべき10周年を迎えた今年も、約1,100本のマイクロホンの提供によって、3日間のステージを強力にバックアップしている。各日ヘッドライナーのMY CHEMICAL ROMANCE/LINKIN PARK/BEYONCE´など実に180組近いアーティストが幕張メッセ&千葉マリンスタジアムに大集結した東京会場のレポートを通して、10回目の開催となった「SUMMER SONIC」感動の3日間の模様をここにお伝えしたいと思う。

8.7 fri
Live Report | Top | 8.7 fri | 8.8 sat | 8.9 sun |
ページのTopへ↑
HOME イベント・ニュース 業務用音響機器