マイクロホンアクセサリー
マイクロホンを識る
マイクロホン
アクセサリー
マイクロホンはそれ単体では機能しない。拡声や録音にはアンプやレコーダーが必要だ。そしてその他にもたくさんのアクセサリーが用意されている。これらを上手に使えば、マイクロホンをもっと活用させる事ができるようになる。
プラグ/ケーブル(バランス/アンバランス)
プラグはマイクロホンとケーブルの接続部分である。例えばハンドヘルド型の場合、マイクロホン本体だけを持って動くとこのプラグ部分でケーブル全体を引っ張るわけで、相当に大きな力がかかる。だからかっちり繋げてはずれにくい物でなくてはならない。
名称 プラグ 芯線数 逆相化 ノイズ ケーブル 用途 コスト
バランス型(平衡型) キャノンXLR
2 拾い難い 長くできる 業務用
アンバランス型(不平衡型) 標準プラグ/ミニ
1 不可 拾いやすい 長くできない 一般製品用
詳しくは「ケーブル Navi」をご覧ください。
業務用に使われているのはキャノンXLRという型で、マイクロホン本体とはワンタッチかつ確実にフックでとめられ、必要ならネジで固定する事もできる。ケーブルは外側の絶縁部分でしっかり押さえられているので、少々引っ張られても大丈夫だ。映画「ウッドストック」のザ・フーの破壊的なステージで、ロジャー・ダルトリーがカウボーイの投げ縄のようにケーブルを持ってマイクロホンを振り回すのも、プラグがキャノンXLR型だからできるのである。信号の出るほうにオスを使い、受けるほうにメスをもって来るという決め事も分かりやすい。これに従ってマイクロホン本体から出ているオスをケーブルのメスで受け、そのケーブルの反対側のオスをアンプ入力のメスに差し込めば、接続が完了する。キャノンXLR型はマイクロホン周辺に限らず業務用音響機器全般で使われている信頼性の高いコネクターで、最近はその確実性を買われカラオケ用マイクロホンなどの一般製品用にも普及しつつある。ただアンプの入力端子へ差すほうは標準プラグ(フォンプラグ)というのが多く、引っ張り過ぎるとすっぽ抜ける事があるので注意。ケーブルは電気信号をアンプや録音機に伝送する連絡線だ。
業務用機器ではバランス型(平衡型)という、雑音対策を施した2芯(ホット、コールド)シールド・ケーブルを使う。標準プラグなどの一般製品は単芯シールド・ケーブルで、構造的に雑音対策が施されてないため、長く引き回すと周辺の機器から雑音の影響を受ける事がある。MDなど小型録音機用のステレオマイクは、外観上一本で左右の信号を送れるステレオケーブルとφ3.5mm三極式のステレオミニプラグ仕様が一般的になってきた。単体で売られるプラグ/ケーブルには沢山の種類があり、材質や構造の違いで強さや音質も大きく左右される。ただ何よりも取り扱いに注意して、性能を充分に発揮させてやる事が肝心だ。マイクロホンの故障の原因で、接続部分の割合はとても多い。
マイクスタンド
マイクスタンドはマイクロホンを支えておくためのものだ。マイクロホンの重さや使用方法と、マイクスタンドの形状と質量のバランスなどは密接な関係にある。まず安定性は絶対条件で、次に使い勝手の良さが求められる。更には置いた場所の不必要な振動を遮断する機能も備えていなければならない。専門領域では実に沢山の種類があるが、ここでは一般的なものを紹介しておこう。
卓上型
机や演台の上に置かれる低い高さのストレートスタンド。外形、質量、コストの点から、土台が鋳鉄(ダイキャスト)の丸い形をしている事が多い。用途のほとんどは講演やスピーチだが、バスドラムなどを録る時にも案外うまく使える。
ストレート型
垂直に立っているだけの単純な構造のスタンド。ハンドヘルド型マイクロホンが当たり前になってしまった現在ではオールドスクールな司会者用としか思われていない印象があるが、マイクスタンドの基本形だ。直径の違うパイプを組み合わせてあり、細いほうを出し入れして希望の高さに調節し、中間部のネジを締めてとめる。上のパイプが滑り落ちて精密器機であるマイクロホンを痛めないよう、たいていはバネなどを使った衝撃吸収装置が組み込まれている。調節時にいちいちネジを緩めたり締めたりする必要のないフリーストップ構造をとりいれた機種もある。支える土台の部分は、折り畳み可能な軽い金属パイプの先に、振動吸収用のゴムを巻いた3本足が現代の標準だ。
ブーム型
マイクスタンドの立てられる場所からマイクロホンを置きたいポイントに距離のある場合、このブームスタンドが活躍する。本来は映画の世界で演技を追って音声を収録するために開発された大がかりなもので、操作するのも専門技能だ。これをもっと小型化、簡素化したのが一般的に言われているブーム型で、多くは先のストレート型にブーム(棹)構造を取り付けている。支点で水平方向、ブームによって上下方向の角度調節ができるので、ほぼ全方位にマイクロホンを持っていく事が可能だ。ブームのマイクロホンの反対側には重りが付いていて、これでバランスをとる。ライブ・ステージではドラムスのオーバーヘッド用に2本立っているのがまず目に入るだろう。
その他ピアノ、パーカッションなどの楽器用に重宝がられている。低い位置専用の短い足仕様もある。テレビ局や大きな録音スタジオでは、もう少し大きくて頑丈な構造を持つ中型のものを見かける事がある。
グースネック型(フレキシブル)
ストレート型や卓上型にフレキシブル・アームをつけたもの。マイクスタンド位置からマイクロホン・ポイントまでの距離が、比較的短い場合に有効。先のブーム型より占有する空間が小さいので、各種機材が所せましと並んでいるステージ上で、例えばサキソフォーン、アコースティック・ギターなどによく用いられる。見た目もすっきりしている点から、純邦楽のテレビ収録でも琴や三弦用に使われる事が多い。更にスタンドではなくクリップ形式のものは床の上を占有しないので、セッティングが入り組みがちなパーカッション周辺では重宝がられている。
これらのスタンドは高さや向きを固定する仕組みが命だ。くれぐれも取り扱いに注意して、その部分を大切に。位置を変える時は必ずネジを「緩めて動かし、締めて止める」事、また「回すのはマイクロホンではなくスタンドの方」という事をお忘れなく。
風防
マイクロホンの扱いになれていない人はつい口を近づけすぎたり、モロに吹いてしまう(パ行音ほかの破裂音を出す時などに強く息を吹きかける)事が多いので、一般的に、特にライブのボーカル用には、基本構造で何らかの「吹かれ」(ポップノイズ)対策が施されている。
基本編Vol.1の断面図を見てみよう。右のサンプルには「ポップフィルター」として薄いスポンジが、ヘッドケースの裏側に貼り付けてあるのが分かる。しかし野外ではもっと強い風に吹かれてしまい、狙った音を録りづらい情況が頻繁にある。そこで登場するのが風防、ウインドスクリーンだ。通常はマイクロホンに標準装備されているスポンジの帽子状のものをヘッドケースに被せれば良い。
高域特性が若干損なわれる場合があるが、装着しておけば風雑音による被害を少なくする事ができる。何よりも吹かれてしまっては音にならない。スタジオでのボーカル録音用には、丸い独立したウインドスクリーンが1990年代以来定番となっている。これは一般認知のきっかけとなったビデオの名称から「ウィ・アー・ザ・ワールド」型とも呼ばれたらしい。別名「金魚すくい」型。これを使う事によって構造上ポップノイズが苦手のコンデンサー型マイクロホンも、より歌い手の近くに置けるようになり、マイクアレンジの自由度が拡がった。現在ではほとんどの録音スタジオに必ず用意されている。しかし・・・、ある新設のスタジオにはウインドスクリーンの用意がなかった。その時のセッションは、大声シャウト系のボイシング。エンジニアは暫し一考し、ロビーにあったミニコンポのスピーカーネットを外して針金細工でマイクロホンに固定、代役を務めさせた。最近の実例である。風防の原理は単純なので、このようにやり方でなんとか急場は凌げる。前出の「ウィ・アー・ザ・ワールド」型も、刺繍用の丸枠とストッキング(ナイロンより天然素材の方が音は良い)で簡単に作れる。
ただスタンドへの装着法が難しい。特性その他の点でもやはり本物、専用品にはやはり適わない。先程の野戦応急処置も、ネット自体が厚かったため「ちょっと効きすぎ」(高域が失なわれた。イコライザーで対応)だった。スポーツ中継のように超指向性を野外で使う場合には、マイクロホン全体を大きく覆う形のものが使われる。これはマイクユニットの周りに整流層(空気の流れの穏やかな空間)を確保して、音を少しでも明瞭に捉えるためのもので、撥水塗料仕上げの全天候型である事が多い。更にこの上から被せるアクセサリーもある。毛足の長い特殊な繊維構造で、風だけでなく雨の音などもおさえる働きをしてくれる。特にゴルフ中継には欠かせないアクセサリーである。
ホルダー/取り付け具
ハンドヘルド型のところで説明したように、ライブでのボーカル用マイクロホンは、各機種とも共通したサイズ/形状になっていく傾向にある。ホルダーもそれに準じているようで、材質は強度のある厚みを持ったプラスチック製、マイクロホン本体の絞り込まれた形状を利用して着脱、固定できる形が現在の主流だ。
首の部分で角度調節もでき、単純ながら信頼のおける構造である。他には洗濯バサミのようにバネで押さえるクリップ型があり、これは形や大きさの異なったマイクロホンにも対応できるが、多少不安定さは残る。ホルダーは常に300グラム前後のマイクロホンを支えているわけで、この部分に体をもたせかけるような姿勢のボーカリストもいるから、負荷は軽くない。やはり確実にとめられる専用型が望ましい。本来マイクロホンとホルダーはひとつのセットと考えて、一緒にしておくのが賢明だ。より確実に取り付けられるようにマイクロホンとホルダーを一体化し、直接スタンドの軸に取り付けられるようにした型もある。
一方、静かな環境でもっと徹底的に雑音を取り払いたい時は、ショックマウントと呼ばれる取り付け具を使う。ゴムバンドなどを介して空中浮遊状態にマイクロホンを固定、床からの振動をさらに遮断する。スタジオで使われる繊細なマイクロホンには、このショックマウントを専用とするものもある。このようなマイク、ホルダー、スタンドの接合部に介在するネジのピッチはヨーロッパ(W 3/8)とアメリカ(NS 5/8)、日本(PF 1/2)でそれぞれ違っていて、しかもスタンド側、ホルダー側、更にはオスとメスがある。どこでも必ず自分のマイクロホンという人はどんなタイプのスタンドにでも取り付けられるように、変換アダプターも常備しておいた方がよい。
また野外での効果音収録などは、ほとんどが手持ちマイクで行なわれる。狙う角度が体に無理だったり、長時間にわたって大変な姿勢を強いられる事もある。そこで使いやすいハンドグリップ・ホルダーが別売で設定されている機種もある。
ショックマウント取り付け例
ショックマウント取り付け例
電源アダプター
内部構造編で解説したように、コンデンサー型マイクロホンにはすべて電源が必要だ。その供給法には専用電源器、ファントム・サプライ、電池、プラグインパワーの4種類がある。真空管型マイクロホンには安定した高い電圧が必要なので、専用の電源器から供給しなければならない。一方FET(電界効果トランジスター)を使うマイクロホンは、信号用に使っているキャノンXLR型プラグとバランス・シールド・ケーブルを使って、ミキサーやマイクアンプから電源を送る事ができる。この業務用マイクロホン電源の規格はファントム供給方式と呼ばれる。ミキサーやマイクアンプに電源供給機能のない場合は、単体のファントム電源器を使えば良い。一般製品用エレクトレット方式の初期には、ほとんどがマイクボディに電池を内蔵して電源を供給していたが、最近では民生録音機器独自の「プラグインパワー」方式によって電源供給を行なうものが増え始めている。これは録音用マイクロホンのマイナス信号線をアースにして、プラス信号線に数ボルトの電圧を録音機側から供給するものだ。モノラル、ステレオを問わず可能で、電池交換のわずらわしさから解放される。会議などに用いられるラベリア型に代表される小さなコンデンサー型マイクロホンが次々とこの方式を採用する傾向にあるが、本体側(録音機に限らずパーソナル・コンピューターなども含まれる)がプラグインパワー対応でないと機能しない。また逆に電池内蔵式をプラグインパワー方式の録音機に使うとマイクロホンが壊れる事もある。充分な確認をしておこう。
電源の種別 独立電源 ファントム 内部電源 プラグインパワー
供給元 専用電源器 電源器/ミキサー/
ヘッドアンプ
本体内の
乾/水銀電池
録音機/ミキサー/
ビデオカメラ
電圧 50~200V 12,24,48V 1.5~9V 数V
プラグ形状 特に制約なし キャノンXLR型 特に制約なし ミニ(モノ/ステレオ)
用途 真空管DCバイアス式 DCバイアス式 エレクトレット式 エレクトレット式