リボンマイク技術の革新的発展を目指し開発したサイドアドレス型双指向性リボンマイクロホンAT4080、AT4081。

伝統的なリボンマイクの暖かみのある自然な音色を持ちながら、マイクプリアンプ/ミキサーで容易に扱えるハイゲイン設計、様々な環境に耐えうる高い耐久性を持ち合わせています。

そんなAT4080、AT4081を使って『沢口音楽工房代表 沢口真生さん』が録音された、192kHz / 24bitハイレゾ音源を無料ダウンロードにて試聴いただけます。

さらには沢口氏と当社の開発者秋野裕の対談も実現。当社リボンマイクロホンの魅力をお伝えします。


AT4080製品詳細 | AT4081製品詳細

コーディネーター:沢口 真生 氏(沢口音楽工房代表)

1971年千葉工業大学 電子工学科卒
同年 NHK入局 山形局をへて 1975年放送センター制作技術局ドラマミキサーとして芸術祭大賞・放送文化基金賞・IBC ノンブルドール賞・バチカン希望賞など 受賞作を担当。 1985年以降はサラウンド音声による表現開発に取り組み、海外からは「サラウンド将軍」と敬愛されている。1989年よりInterBEE国際フォーラム音響部門企画担当。
2001年よりAESや東南アジアを中心にサラウンドワークショップ・セミナー・技術発表をおこない、アジアでのサラウンド制作を推進。2002年よりサラウンド普及のためのサラウンド寺子屋塾を開設。2003年 NHK制作技術センター長。2005年パイオニア技術顧問。2006年より東京芸術大学音楽環境創造学科サウンドデザイン講師。2011年からは名古屋芸術大学でサラウンドクラスを担当。2007年よりUNAMAS JAZZレーベルを設立。さらにサラウンド音楽ソフトを広めるべくサラウンドレーベルUNAMAS-HUG/Jを2011年5月にスタートし高品質音楽配信による制作をスタート。2013年BESTハイレゾソフト100に3アルバムが推薦されている。 (http://www.e-onkyo.com/music/http://www.hqm-store.com/

サラウンド寺子屋URL: http://surroundterakoya.blogspot.com/

話題の192kHz / 24bitハイレゾリューション音源 無料 Download


●音源再生について
192kHz/24bit本来の音質を体感していただくには、ハイレゾリューション対応の再生機器が必要です。
(24bit/192kHz対応ヘッドホンアンプ AT-HA90USB

※ご使用のインターネット環境によっては、ダウンロードに時間がかかる場合がございます。

Afterglow

『Afterglow』 RE-MIX as Silky Touch by Ribbon Mic.

Eriko Shimizu and Strings 4

■192-24bitサラウンド、レコーディングについて(抜粋)
本作Afterglow RE-MIXは、ピアノの録音に最新設計のリボンマイクAT4080/AT4081という我々の耳で聞いている 感じに近い、マイクを使用しSILKY TOUCHを意図したRE-MIX版として制作した。
AT4080/AT4081というモデルは、大変フラットで自然な特性をしているため、今回ハイレゾリューション録音に使用した。 リボンマイクが本来持っている自然な質感を是非楽しんでいただきたい。



page top