ハンドヘルドマイクロホン
ATW-T6002 R
オープン価格

特定ラジオマイク専用帯域を使用し、
最大31チャンネル同時使用を実現するワイヤレスシステム。
img_41995.jpg
img_41995.jpg
ATW-T6002 R
img_41996.jpg
マイクロホンユニット
組み合わせ例
img_41997.jpg
マイクロホンユニット
組み合わせ例

  • チャンネル毎の帯域幅を125kHzとして相互変調歪みを抑え、最大31チャンネル同時使用を実現。

  • 可変圧縮コンパンダー(音声の圧縮・伸張)システム(PAT.)により、ダイナミックレンジの拡大、ローノイズ化を実現。
  • 外来ノイズの影響に強いUHF帯のワイヤレスシステム用送信機。
  • 容易に交換可能なニーズに応える6種類の専用マイクロホンユニット。
  • 専用設計の高効率アンテナが放射性能を改善
  • レシーバーのチャンネル設定等をIRリンクによりセットアップ可能。

  • 0~20dBのゲイン調整が可能(2dBステップ)

  • 視認性の良い有機ELディスプレイ。

  • アルカリ乾電池とニッケル水素電池に対応し、使用する電池に応じた残量表示が可能。

※本製品は別売りのマイクロホンユニットと接続して使用する6000シリーズ専用ワイヤレスマイクロホン送信機です。
テクニカルデータ
発振方式水晶制御PLLシンセサイザー
送信周波数710.125MHz~713.875MHz(31チャンネル)
周波数ステップ125kHz
電波型式F3E
空中線電力10mW/2mW
基準周波数偏移±5kHz
最大周波数偏移±16.25kHz
周波数特性70~15,000Hz
電源DC3V(単3形アルカリ乾電池2本使用時)
動作温度範囲5℃~45℃
電池寿命約8時間(単3形アルカリ乾電池2本使用時)
消費電流210mA以下(DC3V時)
外形寸法174×φ37.2mm(突起部およびマイクロホンユニットを除く)
質量約190g(電池およびマイクロホンユニットを除く)


ATW-T6002 R
印刷用ページへ
取扱説明書/仕様書ダウンロード
カタログ
カタログダウンロード