Home > ニュースリリース一覧 > ニュースリリース
2015年08月06日
テレビ鑑賞がもっと楽しくなる、音声が手元で聞ける高音質スピーカー
「SOUND ASSIST(サウンドアシスト)」シリーズに新たに2モデルがラインナップ

株式会社オーディオテクニカは、音声が手元で聞ける高音質スピーカー「SOUND ASSIST(サウンドアシスト)」シリーズに、アクティブスピーカー『AT-SP230TV』と、モノラルアクティブスピーカー『AT-MSP56TV』を新たに投入いたします。

 

           AT-SP230TV         AT-MSP56TV    

 

 

子供が寝ていてテレビの音量が上げられない、自分だけテレビの音が聞こえづらいなど、日常には聞きたい音が聞き取りとりにくいさまざまなシチュエーションが存在します。「SOUND ASSIST(サウンドアシスト)」シリーズは、 そのような音に関する問題を解決するために開発され、<“しっかり聞ける”を日常に。>をコンセプトに、ヘッドホンからスピーカーまで展開しているシリーズです。このたび、『AT-SP220TV』の後継として『AT-SP230TV』が、また『AT-MSP55TV』の後継として『AT-MSP56TV』の2モデルが発売となります。従来のモデルと比べ、テレビ側の音量が小さい場合でもスピーカー側でしっかりと音が聞き取れるよう、出力がアップいたしました。さらに『AT-SP230TV』についている「自動電源オン/オフ機能」は、これまでの内蔵式から切り替えスイッチを追加し、お客様の使用シーンに合わせて機能オン、またはオフの選択が可能です。

 

有線で手軽にお使いいただけるテレビ用お手元スピーカーとして、新たに生まれ変わった2モデルにご期待ください。


  

2015年8月21日発売

 

アクティブスピーカー

AT-SP230TV オープン価格

  

  

      ホワイト(WH) 

 特長

 

■高音質の大音量が楽しめる大口径φ52㎜ステレオスピーカー

 

■「はっきり音」機能搭載

 ニュースの音声やドラマのセリフなどが聞きやすくなり、はっきりとした音を手元で聞くことができます。

 ※お手持ちのヘッドホンを接続時にも「はっきり音」の効果が得られます。

 

■テレビ音声と連動して本体電源が自動で入/切できる「自動電源オン/オフ」機能

 一定時間テレビから音声の入力がない場合、本体電源が自動で待機状態になり、その状態で再び音声入力を感知すると電源が入る機能を搭載。電源を切り忘れても安心です。

 

■5.0mロングコードでらくらく調整

 広い部屋でも余裕の5.0mコードで、リビングや寝室など部屋のサイズに応じてコードの長さを調整できます。

 

■コードを収納できる

 スピーカーを使わないときは、コードを本体に巻き付けて収納しておけるため邪魔になりません。

 

 


 

2015年8月21日発売

 

モノラルアクティブスピーカー

AT-MSP56TV オープン価格

  

  

    ブラック(BK)               ホワイト(WH) 

 特長

 

■手元で大音量が楽しめる大口径φ55㎜スピーカー

 

■音声やセリフが聞きやすい

 ニュースの音声やドラマのセリフなどが聞きやすくなるように、音声帯域の音圧を上げる独自の音質補正をしています。

 

■電源&ボリューム一体型ノブで、かんたん操作

 電源入からボリューム調整までかんたん操作でお楽しみいただけます。

 

■コードを収納できる

 スピーカーを使わないときは、コードを本体に巻き付けて収納しておけるため邪魔になりません。

 

 

 

 

■5.0mロングコードでらくらく調整

 広い部屋でも余裕の5.0mコードで、リビングや寝室など部屋のサイズに応じてコードの長さを調整できます。

 

 


 

<詳しいテクニカルデータ>

 AT-SP230TVの製品詳細/ AT-MSP56TVの製品詳細

 

 

Home > ニュースリリース一覧 > ニュースリリース