Home > ニュースリリース一覧 > ニュースリリース
2017年06月14日
デジタル、アナログ出力に対応し、さまざまな機器のハイレゾ音源を車内でも堪能できる
デジタルトランスポート『AT-HRD500』6月28日発売

株式会社オーディオテクニカは、6月28日よりデジタルトランスポートD/Aコンバーター 『AT-HRD500』を発売いたします。

 

一昨年の8月に発売したデジタルトランスポートD/Aコンバーター『AT-HRD5』は、デジタル、アナログ出力に対応し、さまざまな機器のハイレゾ音源を車内でも堪能できることで大変ご好評をいただいております。そしてこのたび、『AT-HRD5』を昇華させた『AT-HRD500』を発売いたします。

 

『AT-HRD500』は、高音質を実現するため、 ハイレゾ音源の持つポテンシャルを最大限に引き出すSAVITECH社製 BRAVO-HD SA9123LのUSB Audio用IC、そしてハイエンドクラスのDAC ICであるESS社製ES9018K2Mを採用しております。PCM32~384kHz/32bit、DSD64、DSD128に対応。サンプリングレートと信号フォーマットを6段階で表示するインジケーターを搭載し、入力されたデジタル信号を視覚的にも実感いただけます。また、車内という過酷な環境下でもクリアな音をお楽しみいただけるよう、I/V変換回路に超低歪みでローノイズのオペアンプTI社製LME49720を、さらにWIMA社、NICHICON社、OS-CONの音響コンデンサーを採用いたしました。 新機能として、同軸デジタル、角形光デジタル出力にAKM社製高性能サンプリングレートコンバーターAK4137EQを使用し、接続する機器に合わせてサンプリング周波数を選択可能です。DAC出力レベル切換スイッチもついているので、出力レベルも接続先の機器に合わせて調整いただけます。

 

様々な機器のハイレゾを音源を、高音質で車でもお楽しみいただける『AT-HRD500』にご期待ください。 


 

2017年6月28日発売

デジタルトランスポートD/Aコンバーター 

AT-HRD500 希望小売価格 ¥70,000.(税抜)

  

 

 

  製品の詳細はこちら 

 特長

 

■PCM 32~384kHz/32bit、DSD64、DSD128に対応

 SAVITECH社製 BRAVO-HD SA9123LのUSB Audio用ICを採用。
 ハイレゾ音源の持つポテンシャルを最大限引き出します。

■高音質DACのESS社製ES9018K2Mを採用
 PCM384kHz/32bit対応のハイエンドクラスDAC ICを贅沢に採用。

■不要な歪みを抑えて透き通った中高域再生
 I/V変換回路に、超低歪みでローノイズのオペアンプTI社製LME49720を採用。

■アシンクロナス方式に対応するUSB DACで、スムーズなデータ変換が可能

■同軸デジタル、角形光デジタル出力にAKM社製高性能サンプリングレートコンバーターAK4137EQ搭載

 接続する機器に合わせてサンプリング周波数を選択可能。

DAC出力レベル切換スイッチ搭載

 接続する機器の入力レベルに合わせてDAC出力レベルを選択可能。

■WIMA社、NICHICON社、OS-CONの音響コンデンサー搭載で、歪みのない高音質を実現
■3つのデジタルフィルターから選択できるD/Aフィルター切換スイッチを搭載
 
ファーストロールオフ リニアフェイズ/スローロールオフ/ファーストロールオフ ミニマムフェイズから選択可能。

■入力されたデジタル信号に対してサンプリングレートと信号フォーマットを6段階で表示するサンプリングインジケーター搭載


 

 

Home > ニュースリリース一覧 > ニュースリリース