Home > ニュースリリース一覧 > ニュースリリース
2019年01月09日
最先端テクノロジーや革新的な製品が集結する世界最大級の家電見本市「CES 2019」(米国、ラスベガス)に出展

株式会社オーディオテクニカは、米国ラスベガスで本日(現地時間1月8日)から開催中の世界最大級の家電見本市「CES(Consumer Electronics Show)2019」に出展しております。今年は155以上の国と地域から4,500社以上の企業が出展し、革新的な製品や最先端テクノロジーが一堂に会します。今回、当社出展ブースでは、日本国内で発売中の完全ワイヤレスヘッドホン『ATH-CKR7TW』をはじめとするワイヤレス製品の他、ハイエンドのポータブルヘッドホン2000Tiシリーズ、ターンテーブルやカートリッジといった各種アナログオーディオ製品など、最新の当社ラインナップをご覧いただけます。



また、以下の新製品のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンやターンテーブルが初お披露目となります。


ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンは、シリーズ最高峰のデジタルハイブリットANCを搭載した『ATH-ANC900BT』、エントリークラスモデルながら長時間再生を実現した『ATH-ANC500BT』、コンパクトなカナル型の『ATH-ANC100BT』の3機種となります。


ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン展示の様子

 

ターンテーブルは全8機種。スタンダードモデルの『AT-LP60X』の他、Bluetooth対応の『AT-LP60XBT』、ヘッドホンを付属した『AT-LP60XHP』、アナログ音源をデジタルデータに変換可能な『ATH-LP60XUSB』など、エントリークラスのユーザーからのご要望にお応えした各モデルをはじめ、マニュアルダイレクトドライブターンテーブル『AT-LP120XUSB』や、プロのDJパフォーマンスを体感できるダイレクトドライブDJターンテーブル『AT-LP140XP』も並びます。ベルトドライブターンテーブル『AT-LPW30TK』はチーク材、『AT-LPW40WN』はウォルナット材をキャビネット素材に使用しており、ウッディなインテリアにも馴染む仕様になっております。

                             

ターンテーブル展示の様子

 

なお、新製品となる11製品の日本での発売は未定となっております。

株式会社オーディオテクニカは、本年もお客様のニーズにお応えした新たな製品を生み出して参ります。ぜひご期待ください。




 





Home > ニュースリリース一覧 > ニュースリリース