Home > ニュースリリース一覧 > ニュースリリース
2015年07月15日
デジタル、アナログ出力に対応し、さまざまな機器でハイレゾ音源を堪能できる
デジタルトランスポート『AT-HRD5』8月21日発売

株式会社オーディオテクニカは、デジタルやアナログ出力に対応し、さまざまな機器でハイレゾ音源を堪能できるデジタルトランスポート『AT-HRD5』を8月21日に発売いたします。 

 

ハイレゾ音源の注目度が高まる中、車の中でもハイレゾ音源を楽しみたいという声が高まりつつあります。そこで当社は、いつもご使用のハイレゾ再生機器をそのまま車内に持ち込み、繋ぐだけでハイレゾ音源を再生可能なデジタルトランスポートを開発いたしました。またハイエンドクラスのDAC ICを贅沢に採用し、音楽をより高音質でお楽しみいただけます。

 

取り付けるだけで手軽にハイレゾ音源が楽しめる、「AT-HRD5」にご期待ください。


 

2015年8月21日発売

 

デジタルトランスポート

AT-HRD5 希望小売価格 ¥70,000.(税抜)

  

 特長

 

■PCM 32~384kHz/32bitに対応

 SAVITECH社製 BRAVO-HD SA9227のUSB Audio用ICを採用。
 ハイレゾ音源の持つポテンシャルを最大限引き出します。

 

■高音質DACのESS社製ES9018K2Mを採用
 PCM384kHz/32bit対応のハイエンドクラスDAC ICを贅沢に採用。

 

■不要な歪みを抑えて透き通った中高域再生
 I/V変換回路に、超低歪みでローノイズのオペアンプTI社製LME49720を採用。

 

■アシンクロナス方式に対応するUSB DACで、スムーズなデータ変換が可能


■非同期式SRCによりUSBインターフェースからのジッターを軽減


■WIMA社、NICHICON社、OS-CONの音響コンデンサー搭載で、歪みのない高音質を実現

 

■3つのデジタルフィルターから選択できるD/Aフィルター切換スイッチ

 

■システム構成されたグランドループノイズの低減も可能なグランドリフトスイッチ搭載


■入力されたデジタル信号に対してサンプリングレートを4段階で表示するサンプリングインジケーター搭載

 


 <詳しいテクニカルデータ>

 AT-HRD5の製品詳細

Home > ニュースリリース一覧 > ニュースリリース