SPEAKER CABLE
スピーカーケーブル
realistic innovation
7N-Class D.U.C.C.+OFC ハイブリッドスピーカーケーブル
AT-RX5500S
希望小売価格 ¥22,000. (税抜) (1.0mにつき)
16AWG相当
高純度銅7N-Class D.U.C.C.+OFCのハイブリッド導体を採用。
選び抜いたマテリアルとこだわりの制振構造で音の本質を鮮烈に引き出す。
  • 信号導体に世界最高水準の高純度銅7N-Class D.U.C.C.+OFCのハイブリッド導体を採用。
  • 異なる素材・線径を組み合わせた導体により、豊かな低音域から冴え渡る高音域まで優れたバランスで再生。
  • 上質な手触りと高級感あふれるシルク編組ケーブルシースで、全体の振動をインシュレート。
  • 低誘電率のシルク編組絶縁により伸びのある音色。
  • 配線しやすく、迫力のあるサウンドを生み出す平行構造。
  • 最大90℃までの耐熱仕様。
  • Rexat専用熱収縮チューブ付属(2mにつき1個)。
  • 7N-Class D.U.C.C.オーディオケーブルAT-RX5500Aと併用で最高のパフォーマンスを発揮。
  • 芯線抵抗:19mΩ/m
  • 静電容量:37pF/m
  • 直流抵抗:14 mΩ/m
  • 導体断面積:1.4mm²
  • 導体集合径:約1.5mm
  • 付属品:収縮チューブ(2mにつき1個、ただし1mの場合は1個)
  • Rexat特約店専売モデル

※ 受注生産のため納品まで1ヶ月〜2ヶ月いただく場合がございます。
「7N-Class D.U.C.C.※1」とは、特殊レベルで品質管理された原料・製法で製造される世界最高水準の7Nクラス高純度銅を使用した、ハイエンドオーディオケーブル専用の高純度銅導体です。 従来のオーディオケーブルに使用されていた高純度(6N)導体は、結晶粒が粗大化※2されており、音質に悪影響を及ぼすと言われている伝送系路上の結晶粒界(結晶と結晶の境界面)が少ないという特長がありました。 その後、導体の結晶配向性※3に着目した研究が行われた結果、オーディオ用として最適な結晶配向が得られる製造プロセスが確立されました。「純度」「結晶の大きさ」に加え、「結晶の配向性」も最適化し、従来の高純度導体と同等の結晶サイズを持ちながら、結晶の方向が最適に制御された高純度銅導体が誕生しました。
※1 Dia Ultra Crystallized Copper の略。
※2 銅の純度を極限まで高め、熱処理によって結晶粒を一般的な純銅の数十倍以上の大きさに成長させること。
※3 物体内で、結晶がランダムではなくある方位に優先的に向くこと。
「 D.U.C.C.」は三菱マテリアル株式会社の登録商標です。
信号導体に7N-Class D.U.C.C.を採用
  • 信号導体に世界最高水準の高純度銅7N-Class D.U.C.C.+OFCのハイブリッド導体を採用。異なる素材・線径を組み合わせた導体により、豊かな低音域から冴え渡る高音域まで優れたバランスで再生。
7N-Class D.U.C.C.+OFCのハイブリッド導体
  • 内部絶縁にも低誘電率のシルク編組とフッ素樹脂テープを採用し導体の特徴をより引き出す。
  • 配線しやすく、迫力のあるサウンドを生み出す平行構造。
こだわりの構造
  • ケーブル全体をナチュラルに制振。
  • シルクならではの上質な手触り・外観で最高級モデルにふさわしい高級感を演出。
シルク編組
up