SPORTS FIELD + audio-technica
陸上競技
オリンピックの花形種目が集まる陸上競技は、開会式の片付け後に行なわれます。会場には所せましとカメラやマイクロホンが並んでおり、数ある会場の中でも重要な会場であることがうかがい知れます。
ワイヤレスマイクはトラック競技の各スターターポジション、投擲種目、高跳び、幅跳びと複数の種目で同時に使用されるため、フィールド全体をカバーする必要がありました。そのためアンテナを2か所に分けて設置しました。
アンテナ設置場所の決定は非常に困難で、会場の設営ルールに従わなければなりません。実況などを行なうコメンテーターの邪魔になってはいけない、お客さんの邪魔になってはいけないなど、アンテナを設置できる場所は非常に限られています。その上、遠距離運用を含むフィールド全体をカバーするとなると、とても大変です。アンテナの向きを微調整するたびに広いフィールドを歩き回ってテストを繰り返し、セッティングを詰めていきます。
ショットガンマイクはトラックの外周に沿って内側に向けて設置されています。フィールドでは基本的にこの形のマイクロホンが使用されています。またトラックの内周にも設置されています。この会場でも天井からマイクロホンが吊るされています。かなりの高さで、風にあおられて揺れていました。
陸上会場
アンテナ
アンテナ
マイク
マイク
マイク