会社案内
メッセージ

東京都町田市の本社新社屋が完成してから2度目の春、今年4月に当社はおかげさまで創立55周年を迎えました。21年前に開始したオリンピック/パラリンピックのマイクロホンサポートも、2018年早々の平昌冬季大会へ向けて順調に準備を進めています。一方、世界の音楽産業から毎年もっとも熱い視線が集まるグラミー賞授賞式のサポートは、連続20回になる予定です。
企業の寿命は30年などといわれますが、社会の変化は近年もっとスピードを増してきたように思います。ほとんどの企業は創業後10~20年以内に消えてしまい、30年も続く例は全体の1%未満にすぎないというデータがあるほどです。このことは、市場の絶え間ない変化に正しく対応し、新たなニーズを先取りできる力を身につけた企業だけが長く生き残ることを示唆しています。
とはいえ、ただ目先の変化を追えばよいものではないことも事実です。たとえば最近話題のアナログオーディオにはデジタルと異なったノウハウがあり、簡単に優秀な機材をつくることはできません。アナログオーディオのキーディバイスはレコード再生のためのカートリッジです。55年前にカートリッジの専門メーカーとしてスタートした当社は、その技術とノウハウをずっと絶やさず守り、進化させ続けてきました。継続もまた力なり。それはAT-ART1000に代表される最新製品から確信していただけることと思います。
デジタルオーディオについては、主力製品のへッドホンが引き続き好調です。国内では8年連続してマーケットシェアNo.1を達成。また海外ではATH-DSR9BT Bluetoothワイヤレスヘッドホンの高音質が評価され、CESのInnovation AwardsとReview.comのEditor’s Choice Awardをダブル受賞するなど、新しい技術提案も注目の的になっています。マイクロホン関連では、6000シリーズ・ワイヤレスシステムが2017 NAB Best of Show Awardを獲得しました。
このようにさまざまな実績を積み上げながら、オーディオテクニカはこれからも力強く前進してまいります。いっそうのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。


2017年7月
代表取締役社長