Audio-Technica 半導体レーザー応用製品

Audio-Technica半導体レーザー応用製品

半導体レーザー応用製品 OEMのご依頼は受託開発・製造専門の当社にお任せください!!

1982年に実用化されたCDから、光デジタルの時代が始まりました。
CDの技術はやがてDVDやBDに広がり、映像情報の高精細化とともに飛躍的な記録密度の向上を達成してきました。オーディオテクニカは、それらの光ディスク用ピックアップの多くのノウハウと独自技術を蓄積しています。アナログオーディオ時代に培ったピックアップカートリッジの精密技術を原点としながら、高度な生産能力を含めて世界に類を見ないエキスパート集団であることを誇りにしてきました。そしてこんにち、光ピックアップで培った半導体レーザーを活用した多種多様な製品を開発・製造しております。

例:
・建築用レーザー墨出し器、受光器、可変光学系レーザーユニット、ラインマーカー
・バイオ・医療分野(レーザー顕微鏡、フローサイトメーター)用レーザーユニット
・HMD,HUD,LD-Projection用光学ユニット(MEMSミラー搭載)、ガルバノミラー
・網膜照射型レーザーデバイス(アイウェア筐体部、伝送部含む)
・各種センサー用光源、生産設備の位置決め装置、光学ユニット搭載機器(筐体部)
・光計測、衝突防止(車載用LiDAR) 光学ユニット

※光ピックアップの開発・製造は終了しております。

当社の特徴

機構系シミュレーションツール(ANSYS)の活用

熱応力・伝熱解析:対象品の開発段階における諸対策作業(放熱材追加や形状加工等)を極力排除すべく、
設計段階からシミュレーションツールを活用し開発期間短縮を実現しております。

光学系シミュレーションツール(ZEMAX等)の活用

光路検証はもとより、仕様成立の妥当性検証を実施しております。各部品公差解析・迷光検証など

接着剤を使用した固定技術

光ピックアップ製造時より高精度な部品保持・固定が必要な工程に接着剤を多用しております。
対象物(金属・樹脂・ガラス材)に合わせた接着剤を選定(種類・硬化条件)し、最適な信頼性を実現しております。

製造・計測設備は自社設計・製造

製品設計と合わせ、重要な要素となる製造・計測設備(組立・調整・評価)の設計・製造は自社内であり、
すり合わせが必要なレーザ機器開発・製造をスムーズに実現しております。加えて各種信頼性試験設備も保有しております。

生産

開発品の製造は生産規模/納品先に合わせて国内、中国、東南アジアなど 当社関連会社及び協力工場にて最適なEMSを実現しております。
(クリーンルーム、静電対策、QMS認定、環境負荷物質調査、法令対応など)
※特殊レーザー、光学部品等の支給受け入れ、当社調達など フレキシブルな対応が可能です。

INFORMATION