IR

Conferencing

マイクロホンクリーナー

AT-MOC1

ミーティングスペースAP

貸し会議室を利用するお客様に、安心感と清潔感を
マイクメーカー純正クリーナーで高める信頼性



導入事例:マイクロホンクリーナー AT-MOC1

━ AT-MOC1 を導入したきっかけ ━

「ミーティングスペースAP」では、貸し会議室をご使用のお客様の安全性を保つために、これまでスプレーなどでマイククリーニングをしていました。
今回 AT-MOC1 を導入するきっかけとなったのは、お客様がマイクを使用した後に、充電器へ戻すだけで確実に除菌ができることや、私たちのクリーニング作業の軽減にもなること、そしてメーカー純正品のクリーナーは「お客様の安心感につながる」という想いも含めて、採用しています。
貸し会議室において、マイクはゲストの方が口元に近づけてスピーチされる、使用頻度の高い機材になります。だからこそ「安心感・清潔感」を提供できることが、最も重要視されます。



━ 実際に導入してわかったこと ━

マイクを使用後に、充電器へ戻すだけで自動的に除菌が開始されるため、クリーニングを忘れない点は大変便利で、除菌していることが視覚的にわかるためヒューマンエラーを防止できるのも、会議室をお貸し出しする立場として安心です。また、LEDインジケーターの色で除菌時間の判別ができるのも、便利な機能です。

AT-MOC1:導入事例インタビュー

━ 除菌(ウイルスの不活化)時間について ━

私たちがご提供している貸し会議室にとって、除菌時間は非常に重要視しているポイントでもあります。主催者の方が予め、綿密に組まれたタイムスケジュールにあわせてご使用いただくことができるためです。「主催者挨拶の時間」「講演者スピーチの時間」「休憩時間」など、限られた時間内でタイムロスなく、より安全に施設をご使用いただくためには、除菌時間もマネジメントにおいて重要なポイントです。
こうした理由から、除菌時間が極めて短縮されているのは大変助かります。「6分間で約98%除菌」できることは、ユーザーフレンドリーだと感じました。私たちは、お客様に「心地よい空間」と「有意義な時間」のご提供を目指しておりますが、「より確実な安心感のご提供」という点において、貸し会議室ととても親和性が高い製品だと実感しましております。



━ 導入によるクリーニング作業の軽減 ━

マイクグリルに関して、今までは1つ1つ外してスプレーをかけていたことが、果たして正しいやり方なのかどうか、試行錯誤しながら対応していた部分もありました。マイクグリルだけは容易に除菌ができないという懸念があったためです。都度グリルを外して中性洗剤で洗浄する必要がある、マイクグリルが劣化しないようにその洗剤の濃度にも注意が必要になるなど、非常に手間がかかる作業となります。
AT-MOC1 を導入したことで、マイクグリルを外して対応する手間が不要になり、またマイクメーカーの純正品で正しいクリーニングをしていることも、私たちとしても会議室を使うユーザーとしても、安心感につながることだと思います。

AT-MOC1:導入事例 ミーティングスペースAP

━ お客様の評判について ━

このクリーナーが会場に置いてあると、興味を持たれるお客様も多くいらっしゃいます。『マイク1本1本除菌しているのですね!』とお声がけをいただくことや、「除菌中」という記載があることで、納得感と安心感を感じられるお客様も多くいらっしゃいます。今回の導入が、確実にお客様の安心感につながっていると感じます。



━ 赤外線マイクについて ━

赤外線マイクを採用した一番の理由は、電波の干渉が少ないという点です。貸し会議室を提供する私たちの役割は「お客様の催事を無事に成功させること」です。貸し会議室の設備や機材のハード面においては、トラブルが起こり得る問題点をどれだけ払拭できるかが重要です。特に、使用頻度の高いワイヤレスマイクの電波混信は大きなトラブルの原因になりますので、それを回避できるのが赤外線方式だと考えています。1つの空間で、8本使用できるということもポイントになります。8本という本数は、「ミーティングスペースAP」のユーザー様にも丁度良い数量です。それ以上に多数のマイクが必要な場合は、リクエストマイクなど、お客様のご要望に合わせてご提案しております。「安全性とクオリティのご提供」という点で、赤外線マイクは心強い製品です。




株式会社TCフォーラム(ミーティングスペースAP)
営業推進部長付 テクニカル/デザイン担当室長
最上 直生




・・・・・

「ミーティングスペースAP」でのマイク・その他感染対策について

コロナ禍においては、「清潔感と安心感」が貸し会議室の会場選定のポイントになります。
マイクだけでなく、お客様がご使用になるテーブル・イスなどの備品類も毎回、その利用ごとにクリーニングを行ないます。また、お客さまが触れる会議室の扉のノブにも、専用除菌テープを貼るなど対応しております。「ミーティングスペースAP」では、換気能力も重要視しております。会議室内の窓を開放して換気ができるお部屋もあり、お客様からもご好評いただいております。
会場の大きさや立地だけでなく、「主催者様もご来場者様もより安心して過ごせるように」という想いから「ミーティングスペースAP」としても感染拡大防止対策に取り組んできました。『備品は何を準備したら良いだろう?』『オンライン機材は?会場レイアウトは?』など、コロナ禍で迷われるイベント主催者の方も多くいらっしゃいました。そういった不安なお客様にも安心してご使用いただくために、貸し会議室における感染拡大防止の特設サイトを公開しております。



◆「 ミーティングスペースAP 7つの安心ポイント

飛沫防止アクリルパネルなどの備品類のご提供はもちろん、会場には専任コンファレンスコーディネーターも常駐しておりますので安心です。飛沫防止のカップ付きケータリングもあり、安全に考慮しながら、最近では徐々に懇親会のお問い合わせも増えつつあります。コロナ禍においても「安心できる場に集まりたい!」という想いはみなさまの共通点だと感じます。



◆ミーティングスペースAP(東急グループ 貸し会議室)
東京・横浜・大阪・名古屋エリア展開
https://www.tc-forum.co.jp/

AT-MOC1:導入事例 ミーティングスペースAP にて

SYSTEM

マイクロホンクリーナー AT-MOC1

TV/Web 会議システムIR : Infrared

マイクロホンクリーナー AT-MOC1

村田製作所のオゾナイザ技術を採用したマイクロホンクリーナー。
オーディオテクニカの充電器を取り付けて使用するマイクロホンクリーナー

お問い合わせ・ご相談

設備音響機器製品についてのお問い合わせ、ご相談をこちらから受け付けております。