{{ realIndex }}/{{ images.length }}

ダイバーシティシンセサイザー2chレシーバー

{{ branch.model }} {{ branches[branch.id].status == 3 ? '生産完了' : '' }}{{tag}}

¥{{ branch.price }}希望小売価格(税抜)

オープン価格

音声の圧縮・伸張を高域と低域に分け別々に処理することによりサウンドの安定性や力強さを飛躍的に高めた“デュアル・コンパンダー方式”を採用したレシーバー。

  • 音声の圧縮・伸張を高域と低域に分け別々に処理することによりサウンドの安定性や力強さを飛躍的に高めた“デュアル・コンパンダー方式”を採用したレシーバー。

    • 音声の圧縮・伸張を高域と低域に分け別々に処理することによりサウンドの安定性や力強さを飛躍的に高めた“デュアル・コンパンダー方式”を採用したレシーバーです。
    • 定評のあるPLLシンセサイザー方式やダイバーシティ方式もさらにリファインし、比類のない安定性とダイナミックレンジの拡大を実現しています。
    • リアパネルのコネクターでPCとイーサネット接続することによって、チャンネルの設定・RFレベルのモニター・調整等、すべてをPCで行なうことができます。
    • 1Uサイズのボディに2ch分のチューナーを搭載しており、R5200とR5200A2を併用すれば合わせて172チャンネルをフルカバーできます。
    • サウンドのクオリティを最重視し、R5200は800MHz帯B型A型兼用、R5200A2はA2型専用モデルとしました。
    • 付属のコネクターでアンテナをフロントパネル側に取りつけて使用することもできます。
回路方式
PLLシンセサイザー、ダブルスーパーヘテロダイン
中間周波数
1st: 65.75MHz 2nd: 10.7MHz
局部発振方式
1st: PLLシンセサイザー 2nd: 水晶発振
受信周波数帯域
797.125~809.75MHz(AEW-R5200)
 
779.125~787.875MHz(AEW-R5200A2)
発振方式
水晶制御PLLシンセサイザー
チャンネルステップ
125kHz
受信チャンネル
101チャンネルのうち2チャンネル(AEW-R5200)
 
71チャンネルのうち2チャンネル(AEW-R5200A2)
受信感度
20dBμV(SN比70dB、周波数偏移±5kHz)
周波数特性
50~15,000Hz
MIC OUT
−32dB(周波数偏移±5kHz、10kΩ負荷)
 
XLR型3ピン、バランス
INSTRUMENT OUT
−26dB(周波数偏移±5kHz、10kΩ負荷)
 
φ6.3mmステレオホーンジャック、バランス
ダイナミックレンジ
115dB typ.
ヘッドホン出力
10mW+10mW(周波数偏移±5kHz、32Ω負荷)
ANT POWER 供給電圧
DC10~12V, 20mA Max(各ANT入力端子)
電源電圧
100±10V 50/60Hz
消費電力
15W
外部供給電源電流
5A/500W Max
使用温度範囲
5℃~45℃
適合安全規格
電気安全法
質量
4.0kg
付属品

ACコード、リンクケ-ブル、1/2ホイップアンテナ×2、 パネルマウントコネクター(BNC)、BNC延長ケーブル、 ゴム足×4、ゴム足用ネジ×4

別売

専用キャリングケース ATW-C15a

( 改良などのため予告なく変更することがあります。)

型番

AEW-R5200

AEW-R5200A2

発売日

2005年11月21日

2005年11月21日

取扱説明書

ガイド

仕様書

資料

ソフトウェア

本体・ファームウェアのアップデート

カタログダウンロード

適合表

PDFファイルでダウンロード、及びWEB上でご確認いただけます。

  • ●取扱説明書・仕様書・サービスマニュアルの内容を複製したり、書き換えたりすることはできません。
  • ●公開されている取扱説明書は、原則として発売された当初のものを掲載していますが、
    予告なく変更することがあります。
  • ●お手持ちの取扱説明書と異なる場合があります。
  • ●取扱説明書は、株式会社オーディオテクニカの製品をご購入いただいたお客様のための説明書です。
  • ●公開されている取扱説明書についてお問い合わせにお応えできない場合がありますのでご了承ください。
{{ b.version }}

部品注文

{{ e.name }} ¥{{ e.price }}(税抜)