{{ realIndex }}/{{ images.length }}

デジタルボイスコントローラー

{{ branch.model }} {{ branches[branch.id].status == 3 ? '生産完了' : '' }}{{tag}}

¥{{ branch.price }}希望小売価格(税抜)

オープン価格

ハウリングを抑制しながら2入力2出力のマイク接続が可能な、 デジタルハウリングサプレッサー。

  • ハウリングを抑制しながら2入力2出力のマイク接続が可能な、 デジタルハウリングサプレッサー。

    • オーディオテクニカ独自のアルゴリズムにより、ハウリングを抑制しながら音質にもこだわった2入力2出力のマイク接続が可能なデジタルハウリングサプレッサーです。1Uハーフサイズの省スペースモデルとなります。
    • 入出力はマイク/ラインに対応し、コンデンサマイクに対応するファントム電源48Vを供給することができます。また入力レベル調整に加え、新たに出力レベル調整機能も搭載しシステム系統のどこにでもフレキシブルに対応できます。
    • マトリックスミキサー機能の搭載により、出力先の選択やミキシングが可能です。
    • ハウリングサプレッサー機能は、マイクを使用する空間が持つハウリングポイントを事前に測定するオートフィルターと、ワイヤレスマイクのように使用エリアが変化しても追従することのできるダイナミックフィルターを合計20系統装備、フィルター数を12:8や5:15など自由に配分変更が可能です。
    • オートフィルターは音質重視の“HQモード”とハウリング抑制重視の“SPモード”の2種類から選択できます。
    • ラックマウント金具を付属、別売の連結プレートRP1000を用いてミキサーや赤外線レシーバーとも連結可能です。
総合ゲイン
MIC:50dB以上(1kHz出力、600Ω負荷時)
最大入力レベル
MIC:−10dBu、LINE:+20dBu(ゲイン0dB時)
基準入力レベル
MIC:−46dBu、LINE:−16dBu
入力インピーダンス
MIC:約7kΩ、LINE:約10kΩ(1kHz)
最大出力レベル
MIC:−36dBu、LINE:+12dBu
基準出力レベル
MIC:−46dBu、LINE:+4dBu
出力インピーダンス
MIC:約300Ω、LINE:約400Ω、RECOUT:約100Ω(1kHz)
ノイズレベル
−120dBV以下(入力換算雑音)
全高調波歪率
0.1%以下(1kHz出力600Ω負荷、+4dBu出力時)
周波数特性
20~20,000Hz(−3dB)
ファントム電源
48V DC
ハウリングサプレッサー
各ch オートフィルター、ダイナミックフィルター合計20系統
電源
AC100、50/60Hz
消費電力
6.5W
動作温度範囲
0~40℃
質量
1.5kg
外形寸法(突起部除く)
H44×W210×D225mm
付属品

電源コード、ラックマウント用アングル×2(長/短)、アングル取付ネジ×6

別売

ラックマウント金具

( 改良などのため予告なく変更することがあります。)

型番

AT-VC220

発売日

2012年07月20日

取扱説明書

ガイド

仕様書

資料

ソフトウェア

本体・ファームウェアのアップデート

カタログダウンロード

適合表

PDFファイルでダウンロード、及びWEB上でご確認いただけます。

  • ●取扱説明書・仕様書・サービスマニュアルの内容を複製したり、書き換えたりすることはできません。
  • ●公開されている取扱説明書は、原則として発売された当初のものを掲載していますが、
    予告なく変更することがあります。
  • ●お手持ちの取扱説明書と異なる場合があります。
  • ●取扱説明書は、株式会社オーディオテクニカの製品をご購入いただいたお客様のための説明書です。
  • ●公開されている取扱説明書についてお問い合わせにお応えできない場合がありますのでご了承ください。
{{ b.version }}

部品注文

{{ e.name }} ¥{{ e.price }}(税抜)