{{ realIndex }}/{{ images.length }}

ハンドヘルドマイクロホン

{{ branch.model }}{{ branches[branch.id].status == 3 ? '生産完了' : '' }}{{ release_at(branch.id) }}{{tag}}

¥{{ branch.price }}希望小売価格(税抜)

オープン価格

特定ラジオマイク専用帯域を使用し、最大31チャンネル同時使用を実現するワイヤレスシステム。

    • 最大31チャンネル同時使用を実現

      • チャンネル毎の帯域幅を125kHzとして相互変調歪みを抑え、最大31チャンネル同時使用を実現。
      • 可変圧縮コンパンダー(音声の圧縮・伸張)システム(PAT.)により、ダイナミックレンジの拡大、ローノイズ化を実現。
      • 外来ノイズの影響に強いUHF帯のワイヤレスシステム用送信機。
      • 容易に交換可能なニーズに応える6種類の専用マイクロホンユニット。
      • 専用設計の高効率アンテナが放射性能を改善
      • レシーバーのチャンネル設定等をIRリンクによりセットアップ可能。
      • 0~20dBのゲイン調整が可能(2dBステップ)。
      • 視認性の良い有機ELディスプレイ。
      • アルカリ乾電池とニッケル水素電池に対応し、使用する電池に応じた残量表示が可能。

※本製品は別売 マイクロホンユニットと接続して使用する6000シリーズ専用ワイヤレスマイクロホン送信機です。

発振方式
水晶制御PLLシンセサイザー
送信周波数
710.125MHz~713.875MHz(31チャンネル)
周波数ステップ
125kHz
電波型式
F3E
空中線電力
10mW/2mW
基準周波数偏移
±5kHz
最大周波数偏移
±16.25kHz
周波数特性
70~15,000Hz
電源
DC3V(単3形アルカリ乾電池2本使用時)
動作温度範囲
5~45℃
電池寿命
約8時間(単3形アルカリ乾電池2本使用時)
消費電流
210mA以下(DC3V時)
外形寸法
174×φ37.2mm(突起部,マイクロホンユニット除く)
質量
約190g(電池,マイクロホンユニット除く)

( 改良などのため予告なく変更することがあります。)

型番

ATW-T6002 R

発売日

2015年09月30日

取扱説明書

ガイド

仕様書

資料

ソフトウェア

本体・ファームウェアのアップデート

カタログダウンロード

適合表

PDFファイルでダウンロード、及びWEB上でご確認いただけます。

  • ●取扱説明書・仕様書・サービスマニュアルの内容を複製したり、書き換えたりすることはできません。
  • ●公開されている取扱説明書は、原則として発売された当初のものを掲載していますが、
    予告なく変更することがあります。
  • ●お手持ちの取扱説明書と異なる場合があります。
  • ●取扱説明書は、株式会社オーディオテクニカの製品をご購入いただいたお客様のための説明書です。
  • ●公開されている取扱説明書についてお問い合わせにお応えできない場合がありますのでご了承ください。
{{ b.version }}

部品注文

{{ e.name }} ¥{{ e.price }}(税抜)

特定ラジオマイク専用帯の狭帯域(4MHz)において、最大31ch同時使用を実現したワイヤレスマイクロホンシステム。

MORE