Home > ニュースリリース一覧 > ニュースリリース
2018年10月05日
『AT-ART1000』をより深く楽しんでいただくためのソリューションとして、MCトランスとトーンアームケーブルを11月22日より発売

株式会社オーディオテクニカは、MCトランス『AT-SUT1000』と、トーンアームケーブル『AT-TC1000DR』『AT-TC1000DX』『AT-TC1000RR』『AT-TC1000RX』を11月22日より発売いたします。

 

音から生まれる感動を、ありのままに伝えたい。
1962年、オーディオテクニカのモノづくりは、このシンプルでひたむきな思いから始まりました。

この理念は、当社初の製品であるMM型ステレオ・カートリッジAT-1に始まり、数々の賞に輝いたカートリッジやマイクロホン、ヘッドホンに至るまでの50余年にわたる歴史のなかで、連綿と受け継がれてきました。そして、創業以来こだわり続けるアナログリスニングのさらなる理想を追い求め、2016年「Audio-Technica Excellence」として、オーディオテクニカ史上もっとも洗練されたカートリッジ『AT-ART1000』を発売。半世紀以上の長きにわたり培ってきたアナログオーディオ技術の知識とノウハウを、最先端の素材と設計に融合させることで実現した本製品は、国内外で高い評価をいただいております。

 

そしてこのたび、その『AT-ART1000』をより深く楽しんでいただくためのソリューションとしてMCトランス『AT-SUT1000』と、トーンアームケーブル4製品を「Audio-Technica Excellence」として新たにラインナップいたします。『AT-SUT1000』は、今たどり着ける最高峰のリスニング環境を実現するために、すべてを一から見直したMCトランスです。大型コアを使用し、熟練の職人によってのみ可能な繊細かつ精密な手巻きコイルを採用いたしました。さらにバランス伝送や徹底したノイズ対策など、まさに手間ひまを惜しむことなく技術とノウハウを注ぎ込むことで、超広帯域にフラットな昇圧特性を実現しております。なお、本製品は『AT-ART1000』のみならず、お客様がお持ちの低インピーダンスからミドルインピーダンスのカートリッジでもお使いいただけます。トーンアームケーブル4製品は、信号導体に7N-Class D.U.C.C.を採用し、MCカートリッジの出力をそのまま高品位にバランス伝送いたします。低出力のMCカートリッジ伝送に最適な低抵抗設計のフォノケーブルです。4種類のタイプから、接続するコネクターに合わせて最適なものをお選びいただけます。

 

脈々と受け継がれるオーディオテクニカのひたむきな音作りを体現する、これら新製品にご期待ください。 

 

※本製品は全国でも限られた販売店にて発売を予定しております。

  ▼Audio-Technica Excellence スペシャルサイトはこちら

  https://www.audio-technica.co.jp/excellence/index.html

 


 

MCカートリッジが生み出す繊細極まる音をありのままに

11月22日発売予定

MCトランス  

AT-SUT1000 オープン価格 

 

 

 

製品の詳細はこちら  

 特長

 

■MCカートリッジ専用トランス

【特殊分割巻きトランス】
最適なインダクタンスを確保しながらキャパシタンスを最低限に抑え、高域特性を大きく向上させています。

 

【トランスコア】

内鉄型の大型Lコア(L58サイズ)採用。インダクタンスを大きく取ることで低域の減衰を抑え、昇圧特性を最高レベルにまで向上させています。

さらに透磁率の高いパーマロイ材をラミネート構造にすることで漏れ磁束を低減し、優れた昇圧性能を実現しました。

 

【撚り線コイル】

表面積を効率よく最大化する撚り線構造のコイルを使用し、高域成分の伝導効率をアップしています。

 

■バランス伝送
バランス伝送用ケーブルにも広く対応した入出力端子を装備(RCA・XLR)。
MCカートリッジがピックアップした微細な音をロスなく忠実に伝えます。


■トランスを支える強固な筐体
総重量5kg。重厚な8mm厚の鉄鋼材削り出しベース部と、鮮やかなアルミフロントパネルを組み合わせた

重量級の筐体が外部からの振動を強力に遮断します。

またトランスは専用のシールドケースに包まれており、外部筐体も合わせて2重のシールド対策が施されています。 


 

微弱な信号をロスなく伝送。感動のすべてをリスナーへ。

11月22日発売予定

トーンアームケーブル(バランス伝送用)  

AT-TC1000DR オープン価格 

AT-TC1000DX オープン価格 

AT-TC1000RR オープン価格  

AT-TC1000RX オープン価格  

 

 

 

 

 

製品の詳細はこちら  

 特長

 

■信号導体に7N-Class D.U.C.C.を採用

「7N-Class D.U.C.C. ※1 」とは、特殊レベルで品質管理された原料・製法で製造される世界最高水準の7Nクラス高純度銅を使用した、

ハイエンドオーディオケーブル専用の高純度銅導体です。  従来のオーディオケーブルに使用されていた高純度(6N)導体は、結晶粒が粗大化 ※2

されており、音質に悪影響を及ぼすと言われている伝送系路上の結晶粒界(結晶と結晶の境界面)が少ないという特長がありました。

その後、導体の結晶配向性 ※3 に着目した研究が行われた結果、オーディオ用として最適な結晶配向が得られる製造プロセスが確立されました。

「純度」「結晶の大きさ」に加え、「結晶の配向性」も最適化し、従来の高純度導体と同等の結晶サイズを持ちながら、

結晶の方向が最適に制御された高純度銅導体が誕生しました。

 

※1 Dia Ultra Crystallized Copper の略。
※2 銅の純度を極限まで高め、熱処理によって結晶粒を一般的な純銅の数十倍以上の大きさに成長させること。
※3 物体内で、結晶がランダムではなくある方位に優先的に向くこと。
「 D.U.C.C.」は三菱マテリアル株式会社の登録商標です。

 

■PBT充填中空ホットピン
グラスファイバー配合のPBT樹脂がピン内に充填されており、電気が流れた時のピン自体の
機械的な振動(いわゆる「金属の鳴き」)を抑制し、音質の向上に寄与します。

※RCAプラグ対応:AT-TC1000DR、AT-TC1000RR、AT-TC1000RX

 

 


※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。    

Home > ニュースリリース一覧 > ニュースリリース