Home > ニュースリリース一覧 > ニュースリリース
2014年08月28日
ヘッドホンライフが快適になるヘッドホン専用アクセサリー
コード巻き取りホルダー『AT-CW5』、ヘッドホンキャリングケース『AT-HPP300』 9月12日発売

オーディオテクニカは、9月12日にコード巻き取りホルダー『AT-CW5』、ヘッドホンキャリングケース『AT-HPP300』を発売いたします。

 

本製品は、ますます多様化するヘッドホンの形状やさまざまなコードの種類に対応できるよう人気のコード巻き取りホルダー『AT-CW4』とヘッドホンキャリングケース『AT-HPP33』をそれぞれリニューアルするものです。

 

サイズアップし、最近増加傾向にあるフラットコードタイプの巻き取りにも対応した『AT-CW4』。

コードを巻きつけるリード部の深さを見直し、ハウジングが大きめなイヤホンでもケース内に収まる『AT-HPP300』。

 

どちらの製品も、ヘッドホンを使用する際、または持ち運ぶ際の「コードが煩わしい」「バックの中でヘッドホンコードの絡まりが面倒」といった悩みを解消し、ヘッドホンライフを快適にします。

 

 

 


ヘッドホンコードの長さを自由に調節できる
かんたん巻き取りホルダー

 

 

コード巻き取りホルダー

AT-CW5

¥OPEN.

ブラック、ブルー、ブラウン、ライトグリーン、レッド、ホワイト 全6色

 

 

 

【特長】

1. ヘッドホンコードをまとめて、使いやすい長さに調節可能
レザー調のコード巻き取り部にヘッドホンコードを巻き付けて好みに合わせて長さを調節できます*。フラットコードにも対応可能。
*最大40cm程度。

 

2. 背面クリップでポケットなどに留めてぶらつきを抑制
巻き取り部の背面にクリップを用意。ポケットやバッグに留めて、ぶらつきを抑えられます。

 

3. ワンタッチで着脱可能なスナップボタン
開閉しやすく、しっかりとコードをホールドできるスナップボタンを採用。ワンタッチで簡単に着脱できます。

 

4. 巻き取ったコードがずれにくい仕様
巻き取り部の表面に凹凸をつけて、コードのずれを抑えます。
また、ロゴマークの部分で巻いたコードの落下を防止します。

 

5. コーディネートしやすい質感の良い新素材を採用
新たなレザー調の生地素材を使用。ステッチの切り返しなどにもこだわり、カラーにより2トーンの組み合わせを採用しています。
お持ちのヘッドホンや洋服とコーディネートしやすいデザインです。

 

 

 


さまざまなインナーイヤーヘッドホンをスマートに収納
コードの断線や外部の衝撃からしっかりプロテクト

 

 

ヘッドホンキャリングケース

AT-HPP300

¥OPEN.

ブラック、ブルー、レッド、シルバー、ホワイト 全5色

 

 

【特長】

1. ヘッドホンを防護するファスナー付きのセミハードケース仕様
ヘッドホンを収納するだけでなく、外部の衝撃から守ります。

 

2. プラグを起点に巻き付けるだけの簡単リール構造
ストレートとL型プラグ両対応。プラグ用スリットにプラグを収め、コードを手軽に巻くことができます。
プラグを巻き付けないようストッパーを設け、断線を防止します。

 

3. さまざまなインナーイヤーヘッドホンに対応
深めに設計されたリール部デザインにより、ハウジングが大きめなヘッドホンなど多種多様なインナーイヤーヘッドホンが収納できます。

 

4. 収納部はヘッドホンを傷付けにくいラバー素材を採用

 

5. バッグなどに取り付け可能なカラビナ付属
付属のカラビナを使用し、バックやベルトループなどに取り付け可能。外出する際にも、手軽に持ち運べます。


 

 

 

<詳しいテクニカルデータ>
Home > ニュースリリース一覧 > ニュースリリース