空芯MC型(デュアルムービングコイル)ステレオカートリッジ
AT-ART7
希望小売価格 ¥115,000.(税抜)

研ぎ澄ました技で、「空芯」の可能性を拓く。ナチュラルで立体的な音場を表現。
製品シール
img_46833.jpg

  • 50周年記念モデル AT50ANV の基本設計を踏襲し、細部を磨き上げた空芯MC型カートリッジ。
    空芯MC型カートリッジ AT50ANV の基本設計をそのままに、コイルの巻枠を純チタン製アーマチュアから新開発液晶ポリマー製アーマチュアに変更しました。AT50ANV に比べ、さらなる振動系の軽量化に成功したうえ、空芯型特有の非常にナチュラルで透明感のある音質と立体的な音場表現を得意としています。
  • 振動系の構成材として優れた特性を備えた液晶ポリマー製アーマチュア採用。
    コイルの巻枠に採用された液晶ポリマーは、優れた機械的強度を持つばかりでなく、製品が薄くなるほどその機械的強度が増すといった特異な性質を持つため、カートリッジの振動系を構成する最適な材質といえます。また高強度でかつ高い振動吸収特性を持つため、発電時における不要な振動を抑制し一層の高音質化を実現しています。
  • 新設計磁気回路の採用により、空芯MC型の弱点といわれていた中低域の再生能力と帯域バランスを改善。
    磁気回路は、体積比で2倍に相当(当社鉄芯MC型比)する大型サイズのネオジウムマグネットを採用。(最大エネルギー積、BHmax:50[kJ/m3])マグネットの周囲に配置されるパーメンジュール材を用いた磁気回路部品も新規に設計し、コイルギャップ部の集中磁界を最大限に強化しました。
  • 音楽信号を高精度で読み取る特殊ラインコンタクト針とφ0.26mmソリッドボロンカンチレバー。
    スタイラスチップは AT50ANV に採用された先端曲率半径40μm×7μmの特殊ラインコンタクト針をφ0.26mmソリッドボロンカンチレバーへ埋め込み接着し、針先で読み取られた音楽信号を正確に発電コイルに伝えます。
  • アルミニウム削り出しベースを採用。
    磁気回路と振動系を支えるベース部にはアルミニウム削り出し材を採用し、安定した再生能力を支える強固な土台としての役割を果たしています。
  • 不要な寄生共振を抑えるハイブリッドボディ。
    ハウジングにはアルミニウム削り出し材、カバーに硬質樹脂材を用い、寄生共振を分散させクリアな音質を再生します。
テクニカルデータ
型式空芯MC型
再生周波数範囲15~50,000Hz
出力電圧0.12mV(1kHz、5cm/sec.)
チャンネルセパレーション30dB(1kHz)
出力バランス0.5dB(1kHz)
針圧1.6~2.0g(1.8g標準)
コイルインピーダンス12Ω(1kHz)
直流抵抗12Ω
負荷抵抗100Ω以上(ヘッドアンプ接続時)
コイルインダクタンス8μH(1kHz)
スタチックコンプライアンス35×10-6cm/dyne
ダイナミックコンプライアンス10×10-6cm/dyne(100Hz)
スタイラス特殊ラインコンタクト針
カンチレバーφ0.26mmソリッドボロン
垂直トラッキング角23°
外形寸法H17.3×W17.0×D25.6mm
質量8.5g
 付属品:非磁性体ドライバー×1、ワッシャー×2、プロテクター×1、
カートリッジ取り付けビス 12mm×2、18mm×2、ナット×2、
ブラシ×1、PCOCCリード線セット×1
 別売:針交換(税抜 ¥80,500.)
型番 JANコード ケース入数
(お取引先様用)
パッケージサイズ 発売日
AT-ART7 4961310118488 10PCS. H48×W105×D105mm 2012年11月16日
AT-ART7
印刷用ページへ
取扱説明書ダウンロード
注文可能部品
修理可能
カタログ
カタログ/郵送申し込み
関連サイト
Cartridge Navi