{{ realIndex }}/{{ images.length }}

MC型(デュアルムービングコイル)ステレオカートリッジ

AT-F7

¥{{ price }}希望小売価格(税抜)

オープン価格

{{ color_name }}{{ color_status }}

  • SELECT SIZE
{{ (status === 2 ? '欠品中' : '生産完了') }}

音像定位や美しい高音域の表現を可能にする上位機譲りのステンレスワイヤー採用モデル。

  • 音像定位や美しい高音域の表現を可能にする上位機譲りのステンレスワイヤー採用モデル。

    • 磁気エネルギーを飛躍的に高めたネオジウムマグネット。
      マグネットには、最大エネルギー積、BHmax:50[kJ/m3]ネオジウムマグネットを採用し、ヨークには優れた磁性材料の純鉄を採用して、コイルギャップ部の集中磁界をさらに強化しました。
    • サスペンションワイヤーにφ0.07mmのステンレスワイヤーを採用。
      ステンレスワイヤーを採用することにより、振動の支点が明確になりより明瞭な音像定位や美しい高音域表現を可能にしています。
    • コイルにPCOCCを採用。
      PCOCC(単結晶状高純度無酸素銅)は伝送方向に結晶粒界を生じないため、ピュアな伝送をお楽しみいただけます。
    • 高セパレーション、ワイドレスポンスのデュアルムービングコイル。
      左右チャンネルのそれぞれに円筒状コイルを配した独自のMC型を採用。L、Rが独立して発電されるこの構造は、本質的に優れたセパレーション特性を備えています。
    • 不要な振動を抑えるチタン酸カリウム配合高剛性VCモールド。
      コイルを固定するVCモールドは高強度、高剛性化のためにチタン酸カリウムを配合した硬質樹脂を採用しています。従来よりも質量を低減し、不要な振動を抑えています。
    • 剛体化設計に徹した強靭なボディ。

PCOCC:Pure Copper by Ohno Continuous Casting process(単結晶状高純度無酸素銅)

型式
MC型
再生周波数範囲
15~50,000Hz
出力電圧
0.35mV(1kHz、5cm/sec.)
チャンネルセパレーション
27dB(1kHz)
出力バランス
1.5dB(1kHz)
針圧
1.8~2.2g(2.0g標準)
コイルインピーダンス
12Ω(1kHz)
直流抵抗
12Ω
負荷抵抗
100Ω以上(ヘッドアンプ接続時)
コイルインダクタンス
25μH(1kHz)
スタチックコンプライアンス
35×10-6cm/dyne
ダイナミックコンプライアンス
9×10-6cm/dyne(100Hz)
スタイラス
無垢楕円針(0.2×0.7mil)
サスペンションワイヤー
ステンレス
垂直トラッキング角
23°
外形寸法
H17.3×W16.8×D25.4mm
質量
5.0g
付属品

ドライバー×1、ワッシャー×2、プロテクター×1、 カートリッジ取り付けビス 5mm×2、9mm×2、 ナット×2、ブラシ×1、PCOCCリード線セット×1

別売

針交換(税抜 ¥26,600.)

( 改良などのため予告なく変更することがあります。)

型番

AT-F7

JANコード

4961310106850

発売日

2010年02月12日

取扱説明書

ガイド

仕様書

資料

ソフトウェア

本体・ファームウェアのアップデート

カタログダウンロード

適合表

PDFファイルでダウンロード、及びWEB上でご確認いただけます。

  • ●取扱説明書・仕様書・サービスマニュアルの内容を複製したり、書き換えたりすることはできません。
  • ●公開されている取扱説明書は、原則として発売された当初のものを掲載していますが、
    予告なく変更することがあります。
  • ●お手持ちの取扱説明書と異なる場合があります。
  • ●取扱説明書は、株式会社オーディオテクニカの製品をご購入いただいたお客様のための説明書です。
  • ●公開されている取扱説明書についてお問い合わせにお応えできない場合がありますのでご了承ください。
{{ b.version }}

部品注文

{{ e.name }} ¥{{ e.price }}(税抜)

CARTRIDGE NAVI

オーディオテクニカのカートリッジナビオーディオテクニカは、カートリッジメーカーとしてスタートしました。超精密なそのアナログ技術は50年以上経た今も生きて、というより、進歩しつづけています。アナログでしか味わえない音がある、かぎりなく深い音世界。アナログレコードの音溝に刻み込まれた無限ともいえる魅力を、もういちど探り出してみませんか。

MORE