{{ realIndex }}/{{ images.length }}

ステレオ・コンデンサー・マイクロホン

AT4050ST

¥{{ price }}希望小売価格(税抜)

オープン価格

{{ color_name }}{{ color_status }}

  • SELECT SIZE
{{ (status === 2 ? '欠品中' : '生産完了') }}

単一指向性と双指向性の大口径ユニットを独立搭載した ステレオ・コンデンサーマイクロホン。

  • 単一指向性と双指向性の大口径ユニットを独立搭載した ステレオ・コンデンサーマイクロホン。

    • プロフェッショナルレコーディング、放送局、及びステージ使用向けに設計された革新的なサイドアドレスMSステレオマイクロホン。
    • 単一指向性と双指向性のコンデンサーユニットを独立搭載。
    • MSモードと2種類の内蔵マトリックスステレオモードをスイッチで選択可能。
    • デュアルダイアフラムユニットにより、設定した指向性を周波数全域で確実に維持。
    • トランスレス回路が低域の歪みをなくし、ハイスピードな音の立ち上りに的確に対応。
    • 2ミクロン金蒸着膜を採用したダイアフラムに、5段階のエージングプロセスを通すことにより、長年使用しても最適化された状態を維持。
    • 音響的に開放された筐体により、不要な内部反響音を低減。
    • 専用ショックマウントによる優れた防振性。
    • 80Hzローカットフィルタースイッチ、10dBパッドスイッチを標準装備。
    • 最先端の設計・製造技術による一貫性と信頼あるオーディオテクニカ基準指向特性・周波数特性。
型式
DCバイアス・コンデンサー型
指向特性
単一指向性、双指向性
周波数特性
20~18,000Hz
ローカット
80Hz、12dB/octave
パッド
-10db
感度

ステレオ90º:-42dB(7.9mV)

ステレオ127º:-41dB(8.9mV)

Mid:-36dB(15.8mV)

Side:-36dB(15.8mV)

(0dB=1V/Pa, 1kHz)

出力インピーダンス
50Ω
最大入力音圧レベル
149dB SPL(1kHz THD1%)
(MidおよびSide)
159dB SPL(パッドON時)
ノイズ

ステレオ90º:25dB SPL

ステレオ127º:16dB SPL

Mid:15dB SPL

Side:17dB SPL

ダイナミックレンジ

Mid:134dB

Side:132dB(1kHz at Max SPL)

SN比

ステレオ90º:69dB

ステレオ127º:78dB

Mid:79dB

Side:77dB

(1kHz at 1Pa、A特性)

ファントム電源
48VDC、6.4mA(両チャンネル合計)
スイッチ

ステレオモード切替(90°、127°、MS)

ローカットON/OFF、パッドON/OFF

質量
517g
寸法
長さ:193.0mm、本体最大径:53.4mm
出力コネクター
5ピンXLR-Mタイプ
ケーブル

5.0m、5ピンXLR-Fタイプコネクター(マイク側)

3ピンXLR-Mタイプコネクター(出力側)

付属品

ショックマウント AT8449a(税抜 ¥10,000.)、変換ネジアダプター(3/8"-5/8") ダストカバー(税抜 ¥900.)、ケース(税抜 ¥2,000.)

( 改良などのため予告なく変更することがあります。)

型番

AT4050ST

発売日

2010年04月21日

取扱説明書

ガイド

仕様書

資料

ソフトウェア

本体・ファームウェアのアップデート

カタログダウンロード

適合表

PDFファイルでダウンロード、及びWEB上でご確認いただけます。

  • ●取扱説明書・仕様書・サービスマニュアルの内容を複製したり、書き換えたりすることはできません。
  • ●公開されている取扱説明書は、原則として発売された当初のものを掲載していますが、
    予告なく変更することがあります。
  • ●お手持ちの取扱説明書と異なる場合があります。
  • ●取扱説明書は、株式会社オーディオテクニカの製品をご購入いただいたお客様のための説明書です。
  • ●公開されている取扱説明書についてお問い合わせにお応えできない場合がありますのでご了承ください。
{{ b.version }}

部品注文

{{ e.name }} ¥{{ e.price }}(税抜)

MICROPHONE NAVI

オーディオテクニカのマイクロホンナビいつもいちばんいい音で録るために、オーディオテクニカは豊富な種類のマイクを用意しています。マイクロホンの使いかたを覚える事で、録音や拡声の腕前もさらに上がって行く。計り知れない魅力と奥の深さを持つ音の世界への第一歩を、マイクロホンからはじめよう。

MORE