ヘッドホン・イヤホンを識る

オーバーヘッド型(ヘッドホン)の形

一般的にイメージされるヘッドホンの形状でヘッドバンド+左右のスピーカーボックスで構成されています。大きいサイズのドライバーユニット(音の再生装置)が使われているため高音質であり、また長時間の装着でも疲れないようにヘッドバンドに工夫がされているものもあります。

ハウジングの種類

開放型(オープンエアー型)

ハウジングが開放されており、耳への圧迫感が少なく自然な音質が聴けます。音漏れするため室内での使用向けです。

密閉型(クローズド型)

ハウジングが密閉されており、豊かな低音で力強い音質が聴けます。音漏れしにくい構造です。小型・軽量で、屋外で使用できるものもあります(ポータブルヘッドホン)。

耳に当たる部分の種類

耳のせタイプ

イヤパッドを耳にのせるように装着するタイプで、オンイヤーヘッドホンとも呼ばれます。 軽量で持ち運びやすく、カラーバリエーションやファッション性に優れたものが多くあります。

耳覆いタイプ

イヤパッドで耳をすっぽりと覆って装着するタイプで、オーバーイヤーヘッドホンとも呼ばれます。 遮音性も高く、耳が痛くなりにいくいのも特長です。
Next
2
ヘッドホン・イヤホンの構造