シチュエーション別セレクション
メガネといっしょに

メガネをかけながらのヘッドホン生活!耳が痛くなりにくいヘッドホンをご紹介

音楽鑑賞や動画視聴のとき、周りの音量を気にせずに楽しめるヘッドホン。ヘッドホンは周りの音を遮断するだけでなく、より高音質で音楽鑑賞や動画視聴を満喫できるなど、多くのメリットがあります。しかし、普段メガネをかけて生活する方にとっては、ヘッドホンの装着が不便なことも。メガネをかけながらヘッドホンを着けると、耳が痛くなるという方も多いのではないでしょうか。この記事では、メガネとヘッドホンで耳が痛くなる原因と対処法、そして最後にメガネをかけていても耳が痛くなりにくいヘッドホンをご紹介します。

メガネをかけていると耳が痛くなる原因とは?

ヘッドホンとメガネを併用した際に痛みが生じるのは、さまざまな原因があります。その中でも特に多い原因が、「ヘッドホンが頭の形に合っていない」「ヘッドホンで耳が圧迫されている」です。
まず、頭の形は人それぞれ異なります。そのため頭の形に合わないヘッドホンを着けていると、締め付けられるような痛みが生じることがあります。デザインや性能ばかりに目を向けるのではなく、頭の形に合ったヘッドホンを選ぶことが大切です。
次に、イヤーパッドが薄すぎたり、側圧が強すぎたりすると、耳が圧迫されて痛みが生じる場合があります。イヤーパッドが薄すぎると、ヘッドホンが直接耳に当たっているような感覚になり、この感覚が痛みの要因となります。また、製品により側圧が異なるため、頭の形に合っていても側圧が強いと痛みにも繋がります。頭の形に合っているのに痛みが生じる場合には、側圧が弱いヘッドホンに変えることで改善できる可能性があります。

ヘッドホンしたままメガネをかけても痛くならない方法

メガネとヘッドホンを併用した際に生じる痛みはイヤーパッドの厚さや柔らかさ、ヘッドホンの形状で解消できます。 イヤーパッドが薄いと締め付けが強くなるため、その分メガネも締め付けられて痛みが大きくなります。そこでイヤーパッドが厚いヘッドホンを選ぶことで、クッション性が増し、締め付けが弱くなります。

メガネと合うおすすめヘッドホンのご紹介

メガネと併用する際におすすめのヘッドホンは、「ATH-M60x」です。このヘッドホンの最大の魅力は、厚めで柔らかいイヤーパッド。長時間の使用でも快適な着け心地を可能にしたイヤーパッドを採用しています。また、イヤーパッドを耳にのせるように装着するので、メガネと合わせても痛みが出にくいのが特長です。不快感を避けて音楽鑑賞や動画視聴を楽しみたい方にこそ、おすすめしたいヘッドホンです。
プロフェッショナルモニターヘッドホン
ATH-M60x
¥24,068(税込)
購入はこちら